スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSBテキスト第5弾 作成開始 

2009年01月19日 18:36


(このエントリーは、編集中です。1/19現在)
高知白バイ組みさんの「証言ピックアップ」を転載させていただいてこのカテゴリーをはじめました。

今までの掲載分はは当ブログこのカテゴリー「KSBテキスト」 でご覧に慣れます。
初めての方はそちらもよろしくお願いします。

『2007/10/30 KSBニュース - 高知白バイ衝突死(5) いよいよ判決…高松高裁の判断は?』
↑をクリックするとKSBのHPより映像がご覧になれます。すでにご覧の方も多いかと思いますが、時間を置いてみるのも新たな発見があるかもしれません。よろしくです。

以下世界の白バイ組みさんのコメント投稿より転載です。 (リンク等一部LM737編集)

●片岡さん語る
・急ブレーキは踏んでない。停止、停止している状態で、どうしてブレーキ痕がつくんだろうか。もう、作られたんじゃないかと。

●高松高裁判決(ナレーション)
・柴田裁判長は「控訴を棄却する」と述べた。
・判決理由の中で柴田裁判長は、争点となるブレーキ痕について「捏造した疑いは全くない」と、一審の高知地裁よりさらに踏み込んだ判断を示した。
・被告が右方向の安全確認を十分していれば事故は容易に回避できたと元運転手の過失を認め、不合理な弁解で責任を逃れようとし、反省の情もないとして、執行猶予も認めず。

●片岡さん語るその2
・いやもう一方的で、全て筋書きが、ま、出来たような感じの、こちらの主張は全て、まあ通ってないという。
・相手の亡くなった方には申し訳ない、そりゃ僕は最初から主張してますが、この事故に対しての怒りがあります(怒)
・どうしてこんな事故を作ってまで、自分をこう犯罪者にしつけなくてはいけないと。

●高知県警本部はKSBの取材にコメント(ナレーション)
・事件は厳正に捜査を行い、検察に送致している。
・被告側が主張するようなブレーキ痕捏造などあり得ない。

●スタジオにてKSB山下洋平さんのコメント
・今月4日に開かれました控訴審の第1回公判で、裁判長は、弁護側の新たな証拠証言を全て却下しているんです。
・そのため、率直に言いまして、ああ、やはり、といった感想です。

●捏造が一審の「ほとんどない」から「全くない」となった件について
山下記者コメント
「検察は実況見分で撮影したとする証拠写真を130枚以上提出しているんですが、決め手になったのが、こちらの写真なんです。ご覧ください。 (写真←ここの2枚目の写真)

「バスと、壊れた白バイ、そして運転席には片岡本運転手の姿もあります。」

「検察は写真を撮影した時間を明示していませんが、事故直後、元運転手が現行犯逮捕される前だと思われます。」

「そして、こちらご覧いただきたいんですが、この部分、ちょっと見えにくいので書きますが(赤いペンで白バイ左部分を丸く囲む)。ここにですね、ブレーキ痕らしき筋が着いているんです。」

「柴田裁判長は、これらの写真から、ブレーキ痕は衝突直後から有った。つまり、捏造などできる状況ではなかったと認定したわけです。」

中村アナウンサー「ま、うっすらとですがね写ってますけれどね、確かにね。」
山下記者「ところが、つぎの写真ご覧ください」



二枚目の写真

・別の角度になるわけですね。(左端の男性アナウンサー)

・こんどは、白バイの衝突位置に注目してもらいたいんですが。(山下さん)

・高裁判決では、バイクはこのように走ってきて、ちょうどこの辺りで衝突。そして1.2メートル引きずられて、ここで停止した。という風に認定しているんです。(山下さん)

・となりますとね、写真で見る限りは、ぶつかった場所に大体、なにか破片かなにかあるんではないかなという気がするんですが、きれいですよね。(中村さん)

・そうなんです。
・先ほどの写真をもう一度ご覧いただきたいんですけれど、ぶつかった白バイ、破片は、こちらバスの右側前方に偏っていますが、裁判の判決で言う衝突地点は、実にきれいなんですよね。(山下さん)

・ここをみますとね、あれ?とやっぱりおかしいな?という感じですけれども、高裁は審議をしな「か」ったんですよね。これをね?(中村さん)

・この、被告や支援者を驚かせた高裁の即日結審はなぜ起きたのか、専門家に訊きました。(山下さん)


●刑事訴訟法を専門とする田淵 浩二さんに訊く(香川大学法科大学院教授)

・やり直しじゃないんです。控訴審は。やり直しじゃなくて、第一審の事実認定がおかしかったかどうかを、あの、事後的な立場で判断するというのが控訴審の建前です。(田淵さん)

・裁判官によっては、もう、あの、新たな事実の取調べは必要が無いという心証をとっていれば、1回も事実の取調べをしないという事は、あります(田淵さん)。

・法律的には、二審で新たな事実を取り調べるかどうかは、裁判官の裁量に委ねられている。(ナレーション)

・裁判官は証拠に基づこうという意識が強く、今回のケースだと一審のスリップ痕の写真で得た心証が強く影響していると田淵教授は分析している(ナレーション)

・最初に証拠を揃えるのは捜査機関ですから、捜査機関の証拠を覆せるす証拠がやっぱり出せないと、あの、結論としては、検察官の主張どおりの認定なるわけですよね。(田淵さん)

・事故当時の実況見分調書、で、そこは写真撮影もしてて、その写真撮影にはこういうスリップ痕がついてると。(田淵さん)

・それを捏造だという具体的な、やっぱり根拠を弁護側が示せなければ、あのー、裁判官の心証はやっぱり動かない、というのが現実だろうと思いますね。(田淵さん)


●スタジオにもどって

・わたしこの高裁判決聞いてまして、ブレーキ痕というひとつの大前提から、全てのつじつまを、ま、強引に合わせたという印象も拭えませんでした。(山下さん)

・この裁判の取材を通じて、この冤罪を生み出す、日本の司法制度の問題点が見えてくる気がします。(山下さん)

・警察、検察、裁判所、そして我々マスコミの検証取材も通じて、どこかでチェック機能が働かないと、冤罪は無くならない訳です。(山下さん)

-----
(世界の白バイ組みさんの)感想。

裁判所は「象牙の塔」ですな。

                                以上世界の白バイ組みさんコメント転載

 この放送をきっかけに高知白バイ事故は事件の様相をあらわにしてきたとおもう。高知市白バイ事故はこれより全国的に知られていくきっかけっとなった。

 この時の柴田裁判官の表情が後々ネットで有名なものとなっている。

 この即日結審は片岡さんや支援する会に大きな衝撃を与えた。 

 
編集後記
 1/19 作成開始
 やっとこさ第5弾のテキスト化に着手です。写真等もリンクでなく画像を貼り付けたりしたいのですが、時間が無くて、今のところリンクでご勘弁下さい。

 この放送分については、あまりにも思い出すことが多くて・・・書きたいことがたくさんあるのだけれど、時間の関係で今日はここまでです。

 今週中の完成を目指します。


 さて 『現場写真集』が好評のようです。ありがとうございます。
おかげ様で訪問者もコメントも増えています。管理人としてはエントリー作成やコメント返信にかなり無い知恵と時間と労力を使いますので、精神的・肉体的にキツイと言えばキツイ。

 特に何が苦労かといえば、「何処まで出すのか」なんです。出し惜しみしないで、全て出してあとは皆さんにお任せするが一番なのかもしれませんが、手の内を見せることになりはしないか?などと要らぬ心配を考えていたりします。正面突破でいくべきか? 
 う~~む・・・・ 
 ブログ以外にもやらねばならないことが山済みです。 無理をしないでやっていきます。
                                                     LM737

  ← こちらもよろしく

四国では見れないのかシラン・・・・
「ポチの告白」オフィシャルサイト
 

スポンサーサイト


コメント

  1. 世界の白バイ組み | URL | tfbAb./k

    Re: KSBテキスト第5弾 作成開始 

    了解しました。
    (1)はkochiudonさんのところでも書きましたが、白バイの速度が60km/h未満で速度差が5km/hなら、後続車が白バイを見逃すはずが無い事を、つまり見逃したということは60km/hを超えている事を示します。
    (2)は、後続車の55km/hとして、((1)のポイントを前提に)引き離された距離で白バイとの速度差が計算できます。
    (3)は、後続車が55km/hで割込まれた位置から、さえぎるもの場所までの車間から、どの程度速度差があったかをおよそ計算できます。

    計算で出した速度の方が、目測の速度より堅いかと思いますので、ご検討ください。

  2. LM737 | URL | ZJiAteBs

    Re: KSBテキスト第5弾 作成開始 

    世界の白バイ組み様

     お尋ねの件につきましては全く情報が入っていません。
     すみません

  3. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: KSBテキスト第5弾 作成開始 

    LMさん、トラックの存在アリの衝突シュミレーションを作ってみました。

    ここに来ている高知県警のあなたもどうぞ見に来てください。
    それと高裁から戻ってきた写真みてもらえばわかると会見で交通部長がおっしゃってたので見せてください。
     

  4. 世界の白バイ組み | URL | hpjmbCQk

    Re: KSBテキスト第5弾 作成開始 

    lmさん、こんばんわ。

    白バイのおよその速度が計算できるかも知れないので、できましたら次の件、教えてください。

    (1)後続車が、白バイに割込みされた場所から事故現場の距離。★★★

    (2)後続車が事故現場を発見した瞬間の後続車と事故現場までの距離 ★★★

    (3)白バイが見えなくなった地点
    (後続の運転手の視界から、白バイが見えなくなった理由がカーブなら)

    白バイが見えなくなった時の後続車の位置、または、白バイが見えなくなった地点から事故現場までの距離

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/79-42801f92
この記事へのトラックバック

写真を見せずにウソツキに。高知県警黒岩安光交通部長様

もう2009年、平成21年です。 例の写真、見せてほしいんですが。 「高知県警は不正な事をしてない」との意味なのでしょうか、写真が戻ってきたら皆さん見てくださいとおっしゃった黒岩安光交通部長様。 見せてください。 他の警官が嘘をつかず、どんなに...

「あなたの大事に人が犠牲になっても、自業自得です」 - 先の大戦で、国民とマスコミは、果たして学習したのか

第二次世界大戦で、国民は何の過ちを犯し、何を反省し、何を学習したのか。 第二次世界大戦で、マスコミは何の過ちを犯し、何を反省し、何を学習したのか。 国民に問いたい 高知白バイ事件で、高知県警はやり放題のようですが、国民はこのまま静観してよいのですか...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。