スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月以降の予定

2010年02月20日 23:40

最初にお知らせです。カウントダウンタイマーを更新しました。

片岡さんが帰還までの日数はそちらをご参考に・・・なんて


さて 三月以降の予定です。予定といっても一部私個人の予定、並びに期待と願望も含まれています。


いきなりですが 

〇高知新聞社会部長宛てに公開質問状

次に 

〇科捜研技官を公務員職権乱用罪で告発。

   大学院まで物理を専攻した人が、あのような算定書や計算書をうっかりミスで書けるものではないのが明らか。= 故意。

 上記2点は私個人でやるつもり。間違っても片岡さんの名前だけということない。もう支援者ではなく当事者としてやらないことには怒りの収まりがつかない。


 はっきりと宣言できることはこれくらいです。


 後は、片岡さんの考えや気持ち、支援する会、ご家族、そして弁護士が相談して決めていくのが『筋』でしょう。と言いつつも口は挟むかな・・・。

 後、2日と少々で片岡さんは帰ってきます。片岡さんが収監されていた1年4ヶ月の動きを片岡さんが知る由もないだろう。その分片岡さんの気持ちが出てくると思う。




 片岡さんが収監される2.3日前に酒宴が開かれた。その席で「私がA級戦犯」と皆に宣言した。

 事故からしばらくの間、私は穏健派だった。理由は「勝てない」。しかし、勝てたんですよね。初動さえしっかりしていれば。

 高知県警や現場検証を行った土佐署に出向いて、「どうなっているんだ?』と聞くだけでよかった。それだけで実刑なんてことは無かっただろう。

 次の勝機は免許取消しの行政処分の時。そして 不服申し立ての期限。

 不服申し立ての期限を過ぎるのを待つかように、片岡さんが地検で事情聴取されたが。そのときに出てきたスリップ痕写真はひどかった。スリップ痕なんてつくわけが無いし、その写真も「何これ?」ってくれいの出来栄えだった。

 その時の私の気分を例えるなら『ハルノート』を突きつけられた気分だった。

 地検の事情聴取までは、片岡さんは『とにかくは 死んでいるんだから(事故の相手が)・・、けんど、わしも生活があるし、免許だけは守りたい』とばかり言っていた。

 タクシーやバスの運転手を職業とした片岡さんはまさに天職を得ていたのは間違いない。それはご家族はもちろん片岡さんを知る皆がわかっていたと思う。

 「ここで騒ぐことは遺族感情を逆なでる」 遺族からの嘆願書が業過致死罪から免許を守るための条件と判断していた私が馬鹿でしたね。

 相手が警察ってことを忘れてました。 



 スリップ痕写真出現までもいろいろとあったんですが、06年11月に「ここまでされてどうするがで」と片岡さんに詰め寄ったのは私。「やるなら最後まで付き合うでぇ」とも言った。

 そう言ったもののこの結果。

 幸いなことに、まだ再審請求という『先』がある。可能性はゼロじゃない。

 もう片岡さんだけのためだけではなく、自分のためのということも含めてやりきってみたい。

 私が片岡さんの立場なら・・・気が狂ってますね。自爆テロを県警本部でやってるかもしれない。

 

 さて 今後の予定というか・・以下の項目はできればいいな、または そうなれば・・・ということを前提としてます。

〇「あの時バスは止まっていた」が高知県内だけでもベストセラーに・・・
〇そのための街頭活動ができれば・・・
〇KSBの放送を地元高知の人に見てもらえれば・・・
〇そのための街頭活動ができれば・・・ ETC

最後に

 片岡晴彦さんが帰還後に決定している片岡さんの予定は3月13日(土)。
 高知市愛宕劇場ポチの告白鑑賞です

 高知で劇場上映されるのはその日だけです。

 前売り1000円。前売り券をご希望の方は、上映を後援してくれている高知新聞社をはじめとする高知県内マスコミ各社、高知市教育委員会などにお問い合わせ下さい

 愛宕劇場 春以降に閉館だそうです。


 今日の一言


 孫子曰く『戦わずして勝つが一番』

 う~~む そうあるべきでしたが、売られた喧嘩を買った以上は最後までやりたいものです。

 最後の署名活動になると思います。今一度皆様のご協力をお願い致します


 署名方法 → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします







スポンサーサイト


コメント

  1. 漢 | URL | -

    Re: 3月以降の予定

    責任は、吊って償え

  2. (・ω・) | URL | OG9hvwO.

    Re: 3月以降の予定

    LMさんの他のブログに投稿した内容ですが、ここにも投稿させていただきます。
    ブレーキをかければ十分に間に合って停止できる位置から、停止している車両に衝突した場合は、
    停止している車両が大型車で 衝突した車両がバイクでも、事故の過失割合は、大型車の過失はゼロで バイクの過失は100です。
    さて、道を塞ぐとは車両を通れなくすることです。
    校長先生は裁判所の証言台で、事故の前に車が何台かバスの後ろを歩道にタイヤを掛けることもなく通過したと証言しております。
    もし仮に大型車が道を全部塞いで長時間停止していた場合は道交法違反にはなりますが、100メートル近く手前で、停止している大型車を発見できたバイクが停止せずに、停止している大型車に衝突しますと、この場合も、大型車の過失はゼロで、バイクの過失は100です。
    大型車が道を全部塞いで停止していたことと、バイクが大型車に衝突したこととに、因果関係が認められないからです。バスが居なければバイクは衝突しなかったわけですが、それでも因果関係が認定されることはありません。

  3. 猫のパパ | URL | -

    Re: 3月以降の予定

    科捜研技官の告発を支援します。

     以前、計算式の事で
    「一部掲載なんですが結構楽しめますよね」とコメントをしましたが、言葉足らずで不愉快な思いにさせてしまいましたら申し訳ございせんでした。
    写真では出来なかった事が出来ると言う事です。

    ポチが、見ているかもしれませんので言葉を選びますが、組織に軽はずみな行動をしたお馬鹿が一人いるとその組織は綻び始めると思うのです。

    この先は、写真では適当な説明で素人裁判官を騙せたかもしれませんが、己が紙に書いた式ですから もう適当な言い逃れは出来ませんね。

    そして、これを見ている
    新聞社の人間と裁判官は、心がまだ汚れていなかった時に学んだ教えをよく考えなさい。

    「真実はひとつである」の教え

    少ないですが、再審請求の署名書を支援の会に送りました。 


     



  4. (・ω・) | URL | OG9hvwO.

    Re: 3月以降の予定

    (つづき)
    警察官が過失100で死亡した場合は証拠を捏造されて警察官の過失はゼロとなりますが、
    通常は交通事故の被害者が死亡すると、死人に口無しで、警察は加害者の供述を鵜呑みにして処理するケースが多いのです。目撃者がそばにいて名のり出た場合などは別ですが、警察は目撃者を探したりせずに、加害者の供述のみで交通事故を処理しているのです。
    被害者が死亡すると、死人に口無しで、理不尽な処理をされます。
    ↓↓↓
    http://www.ne.jp/asahi/remember/chihiro/yanagihara.htm
    http://www.ne.jp/asahi/remember/chihiro/yanagiharamemo.htm
    ●ケース1…死亡無責・東京都
     スクーターで直進中の女性(24)が、同方向に走行していたワゴン車と接触し、女性はワゴン車のタイヤで頭をひかれて即死。ワゴン車の運転手はそのまま逃げ去り、約2週間後に逮捕された。事故当時、運転手は酒気帯びであったことを認めているが、自賠責は被害者の女性がワゴン車の後部に接触して後輪に巻き込まれたと判断し、「無責」(加害者に過失なし)とした。遺族の疑問に対し自算会は、「飲酒ひき逃げは道路交通法違反だが過失ではない」と説明。現在、民事裁判で係争中だが、今年4月、警察、検察の再捜査によって女性はワゴン車の前輪で轢過されていたことが判明している。

  5. (・ω・) | URL | OG9hvwO.

    Re: 3月以降の予定

    事故形態が片岡さんの言う通りなら、片岡さんは道交法違反もしてないし、事故の過失割合も片岡さんの過失はゼロである事実を、
    早い段階で専門家に確認しておいたほうがよかったかと思います。
    ちなみに、道交法違反と交通事故の過失割合は関係ありません。
    道交法違反の加害者が無責(交通事故の過失ゼロ)と判断されて、被害者に自賠責保険金が全く支払われないケースなど多数あります。
    (つづく)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/265-69039b36
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。