スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日の一言

2010年02月17日 23:22

  片岡さん帰還まで6日


  東京日帰りはきつかった。

  羽田もぎりぎり、最終の搭乗案内で滑り込んだ。

  今日はある学者さんにあることを相談にいったんですが、

  その方の今日の一言。

  『事実は一つなんですから、それを科学的に証明することにはなんら問題はありません』 意訳

  相手が誰であれってことです。

  高知県警の技官も有名大学の大学院まで行った方なんだから、初志はそうだったかも知れません。
 
  

  法廷で科学的事実を裁判官や検察官、そして弁護士に伝えることは大変な思いをするようです。

  そのあたりよ~~くわかるので頷いてしまいました。

  お忙しいということで、半時間も話せたら充分だなとおもっていたのが、2時間を超えてしまって、こちらのほうから「飛行機の時間が・・・」とお断りをして退室した。

  で 相談結果はどうだったかと言うと、結果は先送りですね。

  一気の展開とはいきませんでしたが、ヒントは頂きました。

  それでも「明白な新証拠」は厳しい状態であることは間違いないのですが、一歩半くらいは進んだと考えています。

  今日の相談が最後となる気はしてません。 ていうか 最後になるようなら×。



  目撃証言者、白バイやバスの速度 さっか痕、スリップ痕の痕跡。そして証拠写真どれをとっても検察の主張は疑問だらけ。私達が素人だったばかりに、事実関係とは別のところでこれまでの結果がでている?

  法廷の素人=法廷の実態を知らなかった。ずばり言えば裁判てものを信じていたのが原因でこうなった。
  「裁判なんてこんなものよ」となると、これ以上戦っても無駄ってことになります。

  そうなってはたまりません。カタタ君やシバタ君のことを、なんやかんやと書いてはいますが、日本の法廷がこれでいいのかということを一人でも多くの人に伝えたいですね。この先も。

  再審請求の提出先の高知地裁の裁判官が『日本の司法』を占うための代表となる状況が作れたら・・夢みたいな話ですが、そうでもならなきゃキツイですよ。

  頼りは皆様の声なんです。よろしくお願いします。
  

皆さんの声が大きな力となります。ご協力をお願い致します  

   署名方法 → bana   

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします





    

  

  
スポンサーサイト


コメント

  1. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re: 今日の一言

    原口総務大臣 全省庁対象に裏金調査を指示(10/02/17)

    http://www.youtube.com/watch?v=gMY-zfP1bLY&feature=dir

  2. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re: 今日の一言

    報道発ドキュメンタリ宣言 さらば警察

    仙波敏郎さん 5-1

    http://www.youtube.com/watch?v=f2ZaUR4fJUE&feature=related

    仙波敏郎さん 5-2

    http://www.youtube.com/watch?v=KOTW6gmMMYM&feature=related

    仙波敏郎さん 5-3

    http://www.youtube.com/watch?v=sph6xKKPkyk&feature=related

    仙波敏郎さん 5-4

    http://www.youtube.com/watch?v=GFxtqqAVxL0&feature=related

    仙波敏郎さん 5-5

    http://www.youtube.com/watch?v=Y-_GnHcusrc&feature=related



    犯罪行為を通報しない行為については、罰則規定は存在しません。

    刑事訴訟法は、次のように規定しています。

    第239条
    ①何人でも、犯罪があると思料するときは、告発をすることができる。
    ②官吏又は公吏は、その職務を行うことにより犯罪があると思料するときは、告発をしなければならない。

    告発は、捜査機関に対して犯罪事実を申告し犯人の処罰を求める意思表示である点では、告訴と同じですが、告訴の主体が被害者その他の法律に定める告訴権者に限定されるのに対して、告発の主体は限定されていない点で、両者は異なります。

    一般人には「告発権」がありますが(刑事訴訟法第239条第1項)、公務員には「告発義務」があります(刑事訴訟法第239条第2項)。

    公務員の告発義務違反は、国家公務員法・地方公務員法に規定された懲戒の対象となりますが、罰則規定がない以上、処罰されることはありません。

  3. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: 今日の一言

    日帰りお疲れ様でした。私自身は裁判に関して全くのシロートですがこれからも応援し続けます。
    片岡さんを取り戻した後は完全に攻める立場、たった一つの真実を胸にじわじわと追い詰めるだけです。一方これから真の犯罪者どもは逃げ回る立場に。もちろんそれは1年4ヶ月で済むわけがないし異動しようが退職しようが一生追われるのです。まぁせいぜいチカラ尽きるまで逃げ回ればいいでしょう。なんと素敵な老後♪
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/261-3448e806
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。