スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科捜研算定書

2010年02月15日 01:26

片岡さんの帰還まであと8

  今日は高知県警科捜算定書の掲載。

  県警科捜研の技官は「運動量保存則による計算」で衝突前の白バイ。スクールバスの速度をそれぞれ次のように算出している。

 白バイ 28.0~54.0km/h

 バス  15.0~16..2km/h

 白バイが28.0km/hの可能性があるってのは馬鹿げた計算結果であることは、これまで掲載してきた衝突写真でご理解いただけるでしょう。28km/hの白バイと16km/hのバスが衝突してあれほど壊れるのか?ということです

 また、白バイの速度の範囲がこれほどあるとなれば、これは速度を計算式から算出したものとして、有効な答えなのか? 参考になるものとは考えられない。

 物理に詳しいお方のために算定式を全文掲載します。かなり汚れていて読みずらいかもしれませんがご容赦下さい。

 算定書1    算定書2  ←クリックで拡大

 バスの速度については、捏造スリップ痕の長さ(右1m左1.2m)に沿ったものですから、このようになるのは当たり前でしょう。

 スリップ痕から速度を算定する計算式は → こちら

 しかし、これで終わるのもつまりませんから、県警撮影の写真の中に「車道進入直前のバスの一旦停止位置」を撮影したものがありますので、それを掲載して、この速度算定に疑問を投げかけてみたいと思います。

                       151 クリックで拡大

 この写真は実況見分調書に掲載されたものでキャプションは次の通り

 「被疑者が一旦停止した③地点から白バイが進行してきた土佐市方面を撮影」

 つまり、写真を撮影したこの位置が③地点というわけですが、ここから6.5m進行して白バイを跳ね飛ばしたということで片岡さんは刑務所に収監されてしまいました。

 25名の生徒と教員を乗せたバスが6.5m進行して算定書の速度16.km/hに達することができるのか?できたとしても中の乗客はどう感じるのか?普通はありえん話となりますがそうはならなかったのが高知白バイ事件です

 ちなみに事故を目撃したA隊員はこのあたりで10km/hでバスは進行していた証言。警察の認定(一旦停止位置)と食い違いを見せたので弁護人が追求したが、片多康裁判官には聞こえなかったようだ。また、県警はこのA隊員の土佐署の供述から、バスが写真の位置にあるとき、事故を起こした白バイの位置を認定している。写真の③地点から55m手前。(写真では手前から4個目のコーンのあたり)

 カタタ判決の事実認定では白バイは60km/h バス5~10km/h

 白バイが55m走行するのに3.3秒 バスが6.5m進行するのに4.6秒~2.3秒。ということになります。どういう訳かカタタ君は時速7km/hと認定しなかった。それは彼の良心なのかもしれません。7km/hなら3.3秒で警察の予定通りの衝突が可能です。

 白バイが120km/hで走行してきて減速後60km/hで衝突? いぁや。それではあの破損は乗じないと思います。止まっていたバスに120km/hそのままじゃないですか。

 「60km/hの白バイにバスが衝突するためにはバスの速度は約7km/hでなければならないのは明らかだ」 

 結果の決まっていた裁判なんだから、カタタ君はそういえる筈なんですけどね。また判決文の14Pでは衝突直前のバスの速度は「10km/h程度」と書いている。この速度ならバスの真ん中に衝突するんです。 

  地裁判決文 → 支援する会HP

 こういった事実認定が高裁・最高裁でもそのままですから後は再審しかない。

 こういった裁判や事実認定に疑問を持ったり、事実を知りたいと思われる方は是非とも片岡晴彦さんの再審請求を応援お願いします。

           皆さんの声が大きな力となります。ご協力をお願い致します  

   署名方法 → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします

 

 

スポンサーサイト


コメント

  1. lm737 | URL | 02QnOYzI

    Re: 猫のパパ 様

    >衝突速度を見ていたと言う白バイ隊員の思い込み以外ありえない事でね。

    思い込みならまだいいのですが、彼は見てないんですから。(キッパリ)

    >再審請求の署名を後ほど送ります。

     ありがとうございます。

  2. lm737 | URL | 02QnOYzI

    Re: あびすけ2号様

     お久しぶりです。

     反発係数と完全弾性衝突。 
     
     あのなんていうんでしょうか。鉄の玉がカチカチとぶつかり合いながらブランコしているおもちゃの原理でしたっけ???

     角度θが2つのうち、一つの理由は被告人に最大有利な計算結果をだすために仮定した角度のようです。

     大きなお世話です。

  3. lm737 | URL | 02QnOYzI

    RE: esper様

     >科捜研が高知の白バイのホイールベースのことを何も言わないなんて変ですねえ・・・。

     ネガのことも言ってくれませんねぇ 法廷でも記者会見でも「ある」と行ってくれたのに・・・変ですネェ

  4. lm737 | URL | 02QnOYzI

    Re: kochiudon 様

    >56km/hで走っていても108km/hだったとされる可能性があるわけですから(苦笑)

       私は大笑い。いや笑えますね。

       28km/h~54km/h幅はあびすけさんご指摘の角度θの関係かと思われます

    >2倍近く違うけど、衝突時の衝撃は2倍どころじゃなくなるからね

       ですね。舐めらてますよね

  5. 猫のパパ | URL | -

    Re: 科捜研算定書

    初めの白バイとバスの衝突写真をみても 60km/hでバスに衝突して何処の世界に(高校程度の物理を知る方)バスがあれ程損傷を受けるか、そもそも衝突速度を見ていたと言う白バイ隊員の思い込み以外ありえない事でね。

    再審請求の署名を後ほど送ります。

  6. あびすけ2号 | URL | gr7C7gJg

    Re: 科捜研算定書

    決して物理に詳しい訳ではありませんが・・・。

    1:根本的な考え方が間違っています。

    車両の衝突事故で「運動量保存則」を用いる際に「反発係数」を考慮しない算式は間違いです。

    反発係数を考慮しなくてよい衝突計算は、反発係数:e=1となる「完全弾性衝突」の時だけです。

    そして、反発係数は、2物体の衝突前後の速度差を計算して求める事が出来るものです。

    したがって、この計算式に引用されている数値のみでは、事故前の速度を割り出そうとする計算式をつくり、答えを出すことはできません。

    2:なぜ「角度θ」が2種類存在するのか?

    角度θは、現場検証により、衝突後の移動方向を特定する事により、明らかになっているものと思います。
    であれば、2通りのθがあるとすれば、現場検証の図面も2種類あってしかるべきと思います。

    現場検証の図面は1種類なのに、なぜ2種類のθで計算されているのでしょう?

    θ=6°の根拠となる図面は存在するのでしょうか?

  7. esper | URL | Dj3FGJNU

    Re: 科捜研算定書

    愛媛の白バイ事故では、事故車の前輪ホーク?の曲がりの程度により(=前輪と後輪の軸間距離が縮まったことにより)単車の衝突時のスピードがわかるとのことでした。高知の白バイも前輪がひっこんだように見受けられます。

    科捜研がDNA関連機器の導入予算獲得のためにDNA鑑定の威力を世間に知らしめんがために足利事件を利用したことは皆さんご存知でしょうが、科捜研が高知の白バイのホイールベースのことを何も言わないなんて変ですねえ・・・。

  8. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: 科捜研算定書

    白バイ速度の誤差が大きすぎますね。28km/hと54km/hなんて2倍近く違うけど、
    衝突時の衝撃は2倍どころじゃなくなるからね、意味をなさない計算です。
    こんな調子で速度違反の計算でもやられたらたまりませんね。56km/hで
    走っていても108km/hだったとされる可能性があるわけですから(苦笑)
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/259-3c0579fa
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。