スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下書きその2 

2010年02月05日 00:28

 

  過去記事の8枚のバス写真の中の写真FとHについて高知県警が国賠答弁書の中で次のように述べている。

 引用開始  

 しかしながら、原告が本件バス運転席に乗車して、左手で片肘をついている状況が撮影された乙第1号証の番号4の写真と=写真F、仁淀中学校の生徒がバスから降車して横断している状況が撮影された乙第7号証の3頁目の写真は=写真H

 いずれも同バスと白バイが衝突後に停車したままの状態が撮影されているのであって、事故直後の写真であることが明らかであり、

 しかも①原告の姿はフロントガラス越しに鮮明に撮影されている

 一方において、同バスを本件現場からグローリー駐車場に移動させた後、その運転席に乗車した原告を撮影した②乙第1号証の番号23の写真には、原告の顔付近のフロントガラスにグローリー南側に位置するイーグル荒倉ゴルフセンターの鉄塔が写り込んでいるのであって

 グローリー駐車場で同バスの運転席に乗車した原告の姿を撮影した写真と本件現場で事故直後に『司バスの運転席に乗車した原告を撮影した写真が、明らかに異なることは一目瞭然であり、

  これを合成したなどという原告の主張は、もはや付会の議論以外の何物でもないものというべきである

                                                 引用終わり

 さてさて

 ①原告の姿はフロントガラス越しに鮮明に撮影されている

 写真Hには原告=片岡さんが写っていないように見えるのは私だけか?県警の写真は全て持っているはずなんだが・・・「写真Hにも」とは言っていないから、まぁいいか。それとも警察所有の原本には写っているのか(笑)

                   写真H 003 クリックで拡大

 ②乙第1号証の番号23の写真には、原告の顔付近のフロントガラスにグローリー南側に位置するイーグル荒倉ゴルフセンターの鉄塔が写り込んでいるのであって

  写真と本件現場で事故直後に『司バスの運転席に乗車した原告を撮影した写真が、明らかに異なることは一目瞭然であり、

  はいはい 要旨はよくわかりました。番号23の写真と写真Fのバスフロントガラスに映りこんでいる景色が違うってことですよね。写真Fには鉄塔が移りこんでいないとおもっているようです。拡大すれば写っていますが・・・勘弁してやりましょうってわけにはいかないか?

  グローリー駐車場で撮影された上述の写真23です

no75  

 確かに映り込みが下の写真Fとは違います。 

 写真F

 005

 も一つオマケでグローリー駐車場撮影の写真J(初公開)

 no78  

 ふむ、片岡さんのお顔にかかる鉄塔の映り込みが写真Fと少し似てきました??

 この駐車場での撮影は30分以上と片岡さんから聞かされています。いろいろとポーズを注文されてかなりの枚数を撮影されたとのことです。法廷に提出されたのは確が6.7枚ですかね。仮に30枚撮影したとしたら写真Fと同じような写り込みがあるかも知れません。

 さて、ここからが本題なんですが、この写真Jの片岡さんの表情を見て「おや!」と感じた方は『高知白バイ事件マイスター』の称号を僭越ながら贈呈させていただきます。

 特に口元の表情なんですが、長時間の緊張のため溜まった息を大きく吐いているように見えます。この表情の片岡さんを見たことのある人は彼のご家族を含めていない。

 滅多に見せないはずの表情ですが・・・別の現場写真の中で同じ表情をしているものが何枚かあるが・・・・       次回にて

 今日のぼやき

 それにしても、写真Jの背景は警官だらけですよね。バスの撤去も終わって、覆面パト車中からの現場検証も終わっているのですが・・・スリップ痕のあった辺りにはきちんと警官がはりついている。 これを衆人環視の中というのか?警官監視の中だろう。

 これで『衆人環視の中で捏造はできない』ってのはなかなか言えるもんじゃないね

 3月上旬に再審請求予定です。提出先は高知地裁。そのときに皆様からの署名を添えます。「多くの人が高知地裁の判断を見ているんだぞ」と伝えることが今の司法には必要です。

 どの様な再審証拠を提出しようが、その価値を判断するのは裁判官です。最高裁に提出したおよそ5万の署名は無視されましたが、当時とは状況が違います。

 その人の良心を喚起するためには皆様のお力添え不可欠です。

 

     署名活動にご協力を

    皆さんの声が大きな力となります。ご協力をお願い致します 

   署名方法 → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします

  どうにも主題が飛んでしまいましたが。。。勢いが無いとないとなかなか書けないタイプなんでご了承ください。

スポンサーサイト


コメント

  1. JP2 | URL | mQop/nM.

    検察の主張

    検察は、「グローリー駐車場で撮影した写真には鉄塔が顔に重なって写っていて、事故直後とする証拠写真の偽装に用いることはできないもの」との話をしてるのですね。私、単に検察が事故直後とする証拠写真での鉄塔オーバーラップの話だと早合点しておりました。

    でもそれに気づいたら逆に、「なるほど正面の顔は鉄塔が強く重なってるからとてもじゃないが使えないので、やむなくもう少し右からのものを使ったということならつじつまが合う」などと手前味噌の考えが浮かんでしまいました。自分が間違えておきながら勝手なもんですね(笑 即座に反省w

    そもそも冷静に考えると、事故現場証拠写真で、正面から片岡さんらしき人物が写っている他の写真の状況が分からないとどうこう言えないのですよね。写真Fと同じく頬に手を当てた写真が他にもあれば、比較検証しなければなりませんです。それに、わずか数分間のどこからこの人物はハンドルから両手を離して頬に手を当てたのか、時系列も考えなければならないですし。数分間なので撮影者が把握してるでしょうけどね。

  2. lm737 | URL | 02QnOYzI

    Re: 下書きその2 

    猫のパパ様

     お久しぶりです。いろいろと語り合いたいこともあるのですが、時間が作れなくてすみません。

     これからもよろしくです

  3. JP2 | URL | mQop/nM.

    いい比較対象がw

    写真Fの、体は正面なのに顔はかなり斜めからのショットというのに疑問を感じて、検証用修正写真まで作ってしまったので、実際にこういう正面向きで首をひねってる場合どうなるのかと、ネット内でそれらしい写真を探していたらバッチリのがありました。普通はこういう風に回るような動きだと思うんですけども。バス乗車の人の場合、なんだか体と平行に首が動いてるように見えるので、そうなるとこの人は首が両肩の真ん中についていないのだろうかと、そんな印象です。あくまでも印象です。正規ネガからで首周りの衣服の動きがどうなってるかまで見ないと真実は解りません。

    http://kochiudon2.blog105.fc2.com/blog-entry-267.html

    kochiudonさん、失礼しましたw

  4. JP2 | URL | mQop/nM.

    Re: 下書きその2 

    写真Fの、手で隠れてる首のつき方がどうにも気になってしょうがありません。

    そこでパソコン修正して手を消してみました。UP図版、左がオリジナル、Aは顔の角度に合わせて首をイメージしたもの。Bは、それはお前の主観だと言われそうなのでさらに顔の輪郭でカットしたもの。A2とB2は背景を黒で消して顔だけのパーツにしたもの。この顔はかなり右側から撮影されていますよね。本人の左耳が見えてますから。でも体は正面なんです。左側にうつむいているのだとしても、体との関係が成り立つのか疑問です。私には少なくても首が真ん中についてるようには思えないんですけどね。でも修正写真だと断定してるわけではありません。一検証プロセスとお考えください。

    http://www1.axfc.net/uploader/File/link.pl?dr=1960813439&file=File_38361.jpg

  5. 猫のパパ | URL | -

    Re: 下書きその2 

    もはや冤罪です。

    呆れます

    ごく普通の社会生活をしている人なら
    「写真Fの真直ぐな流れは何ですか?」 と考えるでしょう。

    誰がこの写真の流れを合理的な自然現象として説明が出来るのでしょうか

    でも、名ばかりの仕事のしない裁判官に適当な説明でおし通してしまう検察に腹がたちます。

    必ず片岡さんの冤罪が証明され
    写真を撮った警察官が処罰される事がなければもはや警察は一度解体です。

    改めて片岡さんの冤罪があると考えます。

    明日は、あなたがそこにいただけで冤罪です!

    ごめんなさい 今回、写真をみて つい感情的になりなした。



















コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/252-8fb1c799
この記事へのトラックバック

kochiudon さんが twitter をはじめました。

みなさん、沢山フォローしてください。 ここをクリック ↓ http://twitter.com/kochiudon



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。