スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下書き

2010年02月01日 02:45

 
②路面へのお絵かきに関する言い訳
  (太字はLM737の要約)
 
 更に原告は、ブレーキ痕について、「② バス撤去後に、揮発性のある液体を用いてバスの前輪があった付近の路面に、バスの前輪ブレーキ痕と錯覚させるために刷毛あるいはスポンジ等の吸水性のある道具を用いて痕跡を描き、それをバスのブレーキ痕であるとして撮影して本件事故の状況の重要な物的証拠とした」(原告訴状10頁1行目以下5行目まで)旨主張する。
 
 〇原告はスリップ痕を描いたものと主張している
 
 しかしながら、上述のとおり実況見分調書(乙第1号証)の番号8の写真には、衝突後停止した本件バスの右前輪の後方の路面にスリップ痕が撮影されているのみならず、平成19年2月5日付け写真撮影報告書(乙第7号証)4項目の最下段の写真、6頁目中段の写真、同頁最下段の写真にもスリップ痕が同バスのタイヤと共に撮影されているのであり、 
 
 しかもこれらの写真が、いずれも同バス撤去前に撮影されたものであることは明らかであるばかりか・・・・(引用終わり)、
 
 〇 3枚の写真からもバスが撤去される前からスリップ痕あったことは明らか
 
  ここで3枚の写真が提示されているが。私はそれらの写真に写っているスリップ痕を『掻かれたスリップ痕』と主張している。さっか痕も同様である。
 県警は写真に写っているから本物であると主張しているが、それが通用するのはネガを提出してからだろう。この論理で行けば心霊写真は全て本物であり、空飛ぶ円盤の実在も確定することになる。
 写真撮影報告書の撮影日時にも注目してもらいたい。この日付は事故から11ヶ月後に作成されたものを意味する。そして 地裁第2回公判の直前に作成されたことになる。その内容は135枚の写真が添付されているが、本文中の写真を下に掲載する。
4項目の最下段(NO44)           6項目中段(NO49)
no44 no49
 
  皆さんにはスリップ痕の濃度に注目してもらいたい。また、左の写真には片岡さん運転席にいないこともご注目。
 
 ここで前記事の写真加工が施された写真を再掲します(NO87)。この写真も19年2月5日付けで作成された報告書の中に初めて掲載されたものです。
 裁判でのこちらの出方を知ってからまともな写真にデジタル加工したんでしょう。そうじゃなきゃこんな重要な写真を事故当時作成の見分調書に載せないわけが無い。
harusanntobasu01
 
 この片岡さんが運転席にいる写真は上の2枚より後に取られたものです。この写真のスリップ痕にはすでにチョークでマークされた跡がついている。
 
 
 警官が路面の痕跡をマーキングしている時には片岡さんはバスにいなかったことになると考えてもいいだろう。(NO44がマーキングの最中ならばですが・・・ね さっか痕捏造の最中かも・・・)
 ここで重要なってくるのは現場での時系列。片岡さんがバスに乗っている写真を撮影可能な時間は何分間あったのかということが重要な意味を持ってくる。
 
 現場検証開始 14時50分(実況見分調書より)
 生徒移動開始 14時55分ごろ(校長証言)
 生徒移動終了 15時00分ごろに向かいのレストランに移動終了(校長証言)
 片岡さん逮捕  15時05分
 
 片岡さんを撮影したNO88の写真やNO44には生徒の姿が無いことから、14時55分から15時5分までの10分間がバス中の片岡さんを撮影できる時間帯となる。ところが、さらに撮影時間帯が狭くなる事実が判明した。
 生徒の移動を手伝った第3者の方が、移動終了後バスの中を確認しているがその時片岡さんはバスには居なかったと証言してくれている。その時間は生徒の移動終了後だから
15時00分前後となる。
 事故からおよそ30分も立てば当たりは大渋滞のはず。お巡りさんも大勢いるはすなんですがね。そして 現場写真の撮影はすべて土佐署となっている。(ホントカ?)
 
 う~~む・・・話が飛んでしまったが・・・・
 
 飛んだついでに、次回はバス中の片岡さんが撮影されている写真を未公開写真を含めて10枚ほど掲載します。 そこで撮影の時系列や順序を皆さんと一緒に検証したいと思います。 よろしくお願いします。
 
 例によってこちらもよろしくです
 

再審請求署名のお願い

 

 

 現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(3月上旬の予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように支援する会が署名活動を行っています

     

    皆さんの声が大きな力となります。ご協力をお願い致します 

   署名方法 → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

  人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします

 

 
  
 
スポンサーサイト


コメント

  1. kochiudon | URL | JHiVQ306

    あれ?

    ふと44の写真に違和感を感じて、自分のBlogへUPしました。
    http://kochiudon2.blog105.fc2.com/blog-entry-266.html
     

  2. lm767 | URL | 02QnOYzI

    訂正です>鉄馬様

    NO49の写真に白バイが写っていないのは撮影角度のためです。
    いやぁ すみません。他の写真から判明しました

  3. lm767 | URL | 02QnOYzI

    コメントの皆様

     国賠傍聴でバタバタしていてコメント承認が遅くなりました。

     kochiudon様

     警察が撮影しているのをみたという証言は入っていません。また、レストラン3階へ移動後(15:00以降)の生徒はバスの中に片岡さんを見たとは言っていない。これは他の生徒にも確認しなくてもならないので時間が掛かりますが・・・ 楽しみです。

     jbh様

     白バイを撤去するさいにバスを移動してるのは間違いないのですが、その際に警官が窓の開け閉めしたのか? 今後 未公開写真を続々upしていきます。皆で考えてみましょう。

     jp2様

     警察の撮影した現場写真から破片や部品位置の移動があきらかになった。こうれだけでも、不適正な捜査であって捜査全体が証拠として認められないはずなんですが・・・・裁判官がきちんとしていればの話ですがね。

     鉄馬様

     流石です。 バスに対する影の角度からNO49の撮影が先でしょう。

     ってことはですよ。 NO44に白バイが写っているのは何故?ってなりますよね(大笑)まぁ 撮影角度によって写らなかったということでしょうが、白バイナンバープレート下の白いフェンダーくらいは写ると思ってます。微妙ですが・・・

     

     

  4. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re: 下書き

    公安委員会の警察改革

    数日前にスパモニで放送されたばかりだが、警察改革がしっかり進められている。

    動画

    http://www.youtube.com/watch?v=nXGQ5l-JmCE

    2chより

  5. 鉄馬 | URL | HaMeHsw.

    Re: 下書き

    こんばんは。

    影の角度を見ますと「4項目の最下段(NO44)」より、「6項目中段(NO49)」の方が早い時間帯に見えます。何故。

  6. JP2 | URL | mQop/nM.

    散乱物状況比較検証

    これは話が複雑になってきましたよ(汗 運転席無人で現場検証痕跡有りの写真とは。白バイケース近辺の散乱物状況をまとめた図版を以前UPしてお伝えしましたが、LMさんブログ最新の写真が出現したので、新規分2点を加え更新してみました。

    http://www1.axfc.net/uploader/File/so/38167

    Dがこの記事の1番上のもので、Hはブログ前回記事にあるものです。今回記事の3番目の写真は上記UP図版のAとなります。

    UP図版内のA~Hを大きく分類すると
    「散乱物がケース外>ABCEH」
    「散乱物がケース内>DFG」
    となります。

    今回記事でのLMさんご指摘どおりでAよりDが先だとすると、初めにケース内に収まっていた物品をわざわざケース外に散乱させて撮影したということになるでしょうか。そして、散乱状況を作る前に片岡さんは確実にバスの外にいた、となりますか。

    新出写真Dのもうひとつの重要性は、ヘルメット手前の大きな赤クリアパーツの状態です。これまでこの赤クリアパーツに金属風フレームのような物体が付いてる写真はGだけだったのですが、ここでもう一枚出てきました。他の全ては赤クリア部分以外写っておりません。バイク後方から撮っているG以外は死角でフレーム部分が見えないという主張もあるかと思っていましたが、Dの方向からこれだけ写っていれば、当然ABCでも写っているべきです。また、散乱物がケース内にあるFも、赤パーツがDと全く違う形状です。

    この件だけとってもめちゃめちゃですよ。検察警察がこういう指摘を受けても一連の写真は科学的に客観性があるというなら、まずネガ出した上で時系列と散乱状況の推移などひとつひとつ誰でも分かるように説明すべき。ケース近辺の散乱状況は一般人の常識からして、パソコンで修正しまくってるとしか思えないけれども、写真だけで断定できないわけなのでとにかくまずネガ出してもらうという事しかないわけです。




  7. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re: 下書き

    一番目の写真のバスの運転席の窓が開いている。
    現場検証しているが、片岡さんは、現場検証を待っていたと言っていた。
    片岡さんはバスの中には、いない。
    片岡さんらしき人が写っていた写真は、運転席の窓は閉まっていた。

    バスの運転席の窓がどのように変化したのか、誰が運転席の窓を閉めたのか?。


  8. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: 下書き

    撮影時間がさらに縮まりましたね、これは興味深いです。今までの
    私の考察では今まで9分だったのですが、これで4分になった・・・
    しかし、撮影されていたのなら仮に4分であっても誰かが見ていても
    おかしくないのですが、誰も見たと言ってないんでしょう?
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/248-b94595ab
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。