スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心機一転

2010年01月13日 23:55

  

 皆様 今年もよろしくお願いします。

 新ブログの方は遅々として進まず、国賠と再審に向けての準備と仕事に追われています。

 さて、下記の文章は 某北陸地方の裁判官の紹介記事です。  

  「司法はしゃくし定規ではない」

 10年ほど前、津地裁に勤務していた時のこと。キャンバスの隅に記された作者の署名を削り、著名な日本画家の署名に書き換える手口で偽造品を作っていた被告の公判を担当した。  偽造品の流通を防ぐため、検察庁は通常、公判終了後に品物を没収して処分する。

 「それでは、絵と作者がかわいそうだ」。検察官と相談して作者にもう一度署名してもらい、作品を社会に戻した。「司法はしゃくし定規ではない。できる範囲で、問題を解決することが大切だ」と話す。  名古屋大在学中に司法試験に合格。その後に検察庁と弁護士事務所、裁判所で受ける実地研修で、裁判官になることを決めた。「裁判を仕事にするならば、その中心にいたいと思った」と振り返る。

 5月に裁判員制度がスタートし、司法制度は大きく変わった。全国で行われている裁判員裁判については「おおむね順調に行われているという印象」とし、今後は「これまでの公判を検証し、もっと分かりやすい裁判を目指すことが大切」と強調する。

 根っからの鉄道ファン。富山市内電車環状線の新車両「セントラム」には開業の23日に乗車した。「経済情勢が厳しい中、街を活性化させようとする郷土の頑張りを感じた。負けてられないね」。富山市在住。60歳。

 

 さて誰を紹介したのでしょうか?

 紹介されたのはとても素敵な笑顔の裁判官です

 

 正解はこちら →  http://webun.jp/news/E200/knpnews/20091227/8168 (写真付き)

 消えないうちにご覧くださいね。

 

スポンサーサイト


コメント

  1. JP2 | URL | mQop/nM.

    Re: 心機一転

    LMさま

    最高裁まで一貫する裁判所の見解は

    「一般人が何十人現場の目撃証言をしたところで信憑性は認められない。しかし警察官の証言はただ一人でも無条件で認められる。証拠類もこれに同じで科学的実証などやるまでもなく警察提出証拠は正しいとできる。よって被告側言い分は全て却下。有罪。」

    これですもんねw 
    判事というのは伊達に難しい試験くぐってきてない。実にずるがしこいです。どうころんでも巻き添えは食わないわけです。保身第一主義。

  2. lm737 | URL | s3I2TQh.

    猫のパパ様

    >また、マスコミの中には今回の小沢さんの件でも検察にもの申す記者はいませね、

     同意見です。



  3. lm737 | URL | s3I2TQh.

    Re: 心機一転

    JP2様
    >高知県警はあたかも司法側が証拠の科学的正当性まで保証してくれてるかの言い分ですが、それが一切ないところがこの判決の特徴であり・・・
     
    国賠でも二言目には 「最高裁が認めている」

    ネガも出さずに何言ってんだか。です。

  4. 猫のパパ | URL | -

    Re: 心機一転

    いよいよ本当に忙しくなって来てますね、
    一方検察がまたまた、逮捕するまで必要のない人(政治家)を見せしめの如く逮捕しましたね。
    私は、この件と片岡さんに対するやりかたが同じに見えます。

    また、マスコミの中には今回の小沢さんの件でも検察にもの申す記者はいませね

    検察と裁判官が飲みお友達なのは知ってましたが、
    マスコミと検察がいつから仲のよいお友達になってしまったのですかね。

    でも、3月以降マスコミには片岡さんの事を話題にする時は 名誉回復の運動をしてもらいたいです

  5. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re: 心機一転

    「検察が正義は大間違い」鈴木氏の批判に沸く
    1月16日 産経新聞

    新党大地の鈴木宗男代表は16日の民主党大会であいさつし、小沢一郎民主党幹事長の元秘書で衆院議員、石川知裕容疑者らを政治資金規正法違反容疑で逮捕した検察側の対応について「検察が正義と思ったら大間違い。間違った権力とは断固戦っていこう」と批判、会場を沸かせた。

    動画

    2:来賓挨拶1/福島社会民主党党首・亀井国民新党代表・田中新党日本代表・鈴木新党大地代表
    300k
    http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20100116taikai_02_v300.asx
    56k
    http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20100116taikai_02_v56.asx

    5:幹事長挨拶
    300k
    http://asx.pod.tv/dpj/free/2010/20100116taikai_05_v300.asx

  6. JP2 | URL | mQop/nM.

    偽装つながりw

    こういうことでも言いたかったのかw?

    偽装証拠がまかり通ることは防がなければならないが、そうなってしまうことがまったく無いとは言えない。その事実がはっきりしているケースならば警察庁がしゃくし定規な対応をするとは限らない。「それではパソコン修正の絵や路上のお絵かきで収監された被告がかわいそうだ」。(偽装と言うなら)検察に指摘してもう一度真偽を明確にしてもらい、社会正義を復旧させるべき。「できる範囲で、問題を解決することが大切だ」

    そこで高知白バイ判決の件だが、私はこの展望から警察提出の証拠に対して一切真偽の断定をしなかったのである。それは現状日本の司法の現実的立場(限界)に対応した判断でもある。しかし、もし警察証拠の偽装が他所で十分明確になれば即座に司法は再度適正に動くはずである。それが私の言うところの「できる範囲」であり、この場合十分その圏内かもしれない。技量不足申し訳ないが、私個人ではこれぐらいが限界だったのである。

    高知県警はあたかも司法側が証拠の科学的正当性まで保証してくれてるかの言い分ですが、それが一切ないところがこの判決の特徴であり(地裁判決の欠陥を柴田修正)、ある意味奥が深いわけですw 話は単純なはずで、行政である警察は市民から「この写真は客観的分析でおかしいから適正に解答しろ」と言われたら説明できなければならないだけのことで、高知県警にそれができない場合再審請求が当然認められて、次の法廷で客観的な検証分析が成されることになる、はず。

  7. JP2 | URL | mQop/nM.

    Re: 心機一転

    所長とはいえ家裁ということは法曹出世街道からは離脱じゃないですかね? 自主的な道の選び方だとすると、この人も相当のダメージということか? やった判決があれだけに良心の呵責はあるでしょうね。歴史に残るダメ裁判なんだから。 

  8. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: 心機一転

    皆様、本年もよろしくお願いします。

    ところで鉄馬様
    >富山地方・家庭裁判所長・・・ 
    こう書かれていますから上位の「地方裁判所長」ということでしょう。
    地裁の中に家裁もあるということですね。
    地方とはいえ昇進だろうから顔も緩むでしょう。
    しかし新聞社は「柴田秀樹」でググったことがあるんでしょうかね。
     
     

  9. lm737 | URL | 02QnOYzI

    鉄馬様

    兎に角は 高松から離れたことがうれしかったんでしょうね。多分。

     しかし この裁判官はいい笑顔ですよね。全てが終わって、昔の暮らしに戻ったかのような笑顔です。マジにそう思いますよ。

     こちらは今から後戻りできない道を行こうとしてるんですがネェ。

     この裁判官に負けない笑顔を片岡さんや周りの皆が取り戻せる日が来ることを目指してやってみます。

     今年もよろしくです  

  10. 鉄馬 | URL | HaMeHsw.

    Re: 心機一転

    こんばんわ。今年もよろしくお願いします。

    杓子定規ではないのでぐにゃぐにゃ曲がるのでしょうが、あっちに曲がってばかりです。

    でも家裁ということは、家裁ルートに乗ってしまったのでしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/242-8f7d1308
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。