スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の高知新聞取材

2008年11月13日 23:54

日記の続きです。

片岡さんのお宅へ高知新聞の取材が会ったのは、収監の前日と前々日。
延べ3時間ほどの取材がありました。

応対したのは片岡夫妻だけ。誰も立ち会っていなかったので双方とも誰にも遠慮することなく質問できたし、答えられたでしょう。

収監直前の片岡さん夫婦は高知新聞に思いの丈をぶつけた。
きっかけは高知新聞の質問。高知新聞の記事の感想を求められた時です

以下 奥さんからの聞き取り。( )は注釈

 「私達は、高松高裁判決がでるまでは、どの取材にも同じように対応してきて、ほとんど同じ資料を提供してきましたが、高知新聞は嘘ばかりじゃないですか?

 06年3月4日、事故翌日の報道では「出会い頭」の事故と書かれた。でも、地裁判決が出たとき(07年6月8日)には中央分離帯付近にスリップ痕がある映像が高知放送で流されました。それは構わないのですが、その時高知新聞さんもそこにいたんでしょう?中央分離帯付近の事故が出会い頭の事故なんですか?警察の発表がおかしいと思わないのですか?

 その次にこの事故が新聞に載った時には 生徒が乗ったスクールバスをマイクロバスと書いたりしている(06年10月28日記事)。

 特にひどいと思ったのは高裁判決前後の記事と取材のやり方です。 生徒にはおかしげな取材をして「動いていたと言った生徒が3人いた」と書いていますよね。でも。どの程度動いていたかを聞いたんですか?後の十数名は『わからない』と答えたんでしょう?
 スリップ痕がつくならその衝撃があると考えるが普通と思いますが、その辺りのことはきいたんですか?」

 「白バイの過失についても書いていますが・・・」(高知新聞)

 「それは 公平だと思いますが、一番重要な目撃証言、名前も顔も出して裁判で証言してくれた校長先生に1時間も取材をして、それを載せない。どういうことですか?事故の見取り図も警察の主張の衝突地点しか載せない。

 あそこでぶつかったのならスクールバスが停まっていようが、動いていようがバスが悪いのにと思われるのにきまっているじゃないですか?私達の主張も載せてくれた朝日新聞が公平な記事でしょう? 違いますか?

 N記者の取材も異常です。高裁の判決の記者会見では、挑発するような質問ばかりして、主人も興奮して、記者会見も打ち切りになりました。その後も異様な目つきで、しつこく質問を繰り返し、他社の取材の邪魔までして・・・他の取材の方から非難されていましたよ。」

 「どうして そこまで警察を信用できるのですか?」

 「私も信用できる記者が高知新聞にも居ます。O記者は高知市での講演会に来てくれて、展示した資料をきちんと見てくれて、鑑定士の石川先生にもきちんとした質問をしていました。あの人なら取材に応じることもできます。一時担当になってくれたときにはよかったと思っていたのに、どうして担当からはずしたんですか?」

                                                 終わり

 3時間の取材ですから、内容はこればかりではないのですが、今回はこれが中心に聞けた話です。時間がなくて高知新聞の反応は聞き逃しています。

 まぁ この程度では いつもの如くは怒りを感じないのですが、ドカンときたのは最後に奥さんから聞いた話。

 「帰り際に高知新聞の人が言うのよ。 今日の取材を記事にしてもいいかって。私らは是非にお願いしますと言うたんで・・・・ いったい何時記事にするんじゃおネェ。」

 してもいいかと聞くなら、する気があったんだろう。

 片岡さん収監のタイミングを逃して何時書くのか? 次は再審請求をしたときか? 

 まさか 片岡さんが「勝つ」まで書かない気か?

 記事が書けないなら『書いてもいいか?』なんて期待するようなことはいわないほうがいい。
 記事が決まってから「この記事でいいか」と聞いてきたらどうでしょう。

 公器としての新聞社のプライドが邪魔しているのか?

 片岡さん夫婦はO記者を今でも信頼している。片岡さん夫婦がそう言うなら私がどうこう言うことはできない。

 この話 もちろん 高知新聞の話を聴いた上で書いているのではありません。

 わざわざ 07年10月28日付けの記事を持参していたことを申し添えておきます。

 とりあえずの関連記事です 
                http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/folder/1675307.html
 07年10月28日付けの記事 この前後の記事を読んでいただければ理解が進むと思います
                http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/24935695.html 
 
       
 
 
 

スポンサーサイト


コメント

  1. lm737=管理人 | URL | E6kBkVdo

    監視委員さん

     お久しぶりです。

     高知新聞はもはやマスコミと言うよりは「お上」なんでしょう。

     「記者は特権階級」と勘違いしている人たちが一部とはいえいるようだ。

     特権階級からすれば、既得権は失いたくないとか、「掟破り」の奴、(例えばKSBとか)は許せない存在かもしれない。

     「報道の中立」の建前ばかり気にしているようで、『真実の追究』を忘れている。 前者と後者は別物であるはずだ。報道しない理由を「中立」に求めるのはまだわかるが、報道しないまでも真実の追究をするべきだろう。

     ところが、何度も書いてきたように高知新聞や他の地元マスコミにその姿勢は全く見えない。(さんさんテレビを除く)。

     見込み取材ばかりだった。最後の社会部副部長直々の取材はあまりにも遅すぎた。

     

  2. 監視委員長 | URL | Ztawh61w

    異常な新聞記者

    高知新聞にはまともな記者もいるでしょうが、異常な記者もいることがよく分かります。当方のブログでも取り上げていますが、掲示板でウソを書いて県警を擁護するとは絶句ものですよ。異様な目つきで書き込んでいる記者の顔が想像できます(面識ないけど)。
    http://r110.blog31.fc2.com/blog-entry-25.html

    東洋町問題でも高知新聞の記者が訴えられてますよね。どこか取材姿勢がおかしいから、信用されなくなるのでしょう。記者個人の問題でも新聞社の問題になるのですが、危機感が全然無いようですね。

  3. mx | URL | hW56Ck9Y

    No title

    学生にバスが動いていたか、どうか聞いたのは、どういう意味でいったんでしょうね。
    既にスリップ痕があったら、その時に、スリップ痕があるんだけど。
    聞くのが普通でしょう。
    スリップ痕のスの字もいわなかったのは、県警の意向で取材したんでしょう。

  4. lm737=管理人 | URL | 0m2AWIoQ

    No title

    ドライブレコーダーの使い道

     本来の目的以外ですが・・・・

     目の前の白バイの危険運転を録画できる。

     「危ない!」と思ったら白バイだった・・・そんな時は ドライブレコーダーを叩いてください(通常はバックミラー付近にそれはあります)

     「危ない!」と思った前後を十数秒にわたり録画できます。
     なんてね   

     ドライブレコーダーメーカーさん。

     このブログに広告バナーはいかがでしょうか?
     当方としても裁判費用の足しなるのでマジにご検討お願いします。

  5. 世界の白バイ組み | URL | QDF7x/og

    ドライブレコーダー

    ICレコーダーではないですがドライブレコーダーって結構安いんですね。

    今度買おう。

  6. 捏造は犯罪 | URL | -

    歪曲

    高知新聞の取材を受けるときはICレコーダーは必須だろうと思いますね。
    「村八分」発言も高知新聞劣化の極みですね。

  7. 世界の白バイ組み | URL | L28fU9JI

    No title

    >「白バイの過失についても書いていますが・・・」(高知新聞)

    高知新聞は次の3点を記事に書いていますか?(たった3行でいいのですが)

    1)バスの見落とし(全長9m)
    2)制限速度10km/h超え(50km/h->60km/h)なのに安全運転注意義務を怠った。(結果として衝突事故となっているのに)
    3)信号無視。黄色点滅信号の交差点に60km/h前後で進行し、衝突。

  8. jp2 | URL | mQop/nM.

    警察と検察と司法の三角攻撃w

    これが最大の要所だと思いますね。

    >③の色が濃い部分の出現原因の点についてみると,確かに,所論指摘のとおりであり,むしろ,被告人車が最終的に停止した左右の前輪により強く路面に押し付けられて形成された可能性があるが,その発生機序は正確には不明であって,原判決の説示は正確性を欠いている。しかし,この点の誤りは

    要するに裁判所は、

    「スリップ痕みたいなものがどういう理屈で付いたかを説明することはできませんでした。それは出来ないんだけども、出来なくても警察の出してる写真に写ってるんだから細かく言うまでもないでしょう。普通これスリップ痕じゃないですか。」

    ということで判決を下しているんです。

    ところが高知県警は、「裁判所がスリップ痕の発生の論理を証明してくれてる」と自分達がメディア集めて発表してるわけですよ。これは悪どいでしょう。話逆ですから。

    裁判所の方が「いえ、警察が正しい証拠だと出してきたから、はっきりとした証明は出来ない代物ではあるけども、そちらを信用して判決下したんです」と言いたいところでしょう。そんな司法もどうしたもんかと思いますけど。

  9. 捏造は× | URL | -

    No title

    先日、高知新聞から読売新聞に変えました。高知新聞はダメは無益やき

  10. lm737=管理人 | URL | cqgDRVIs

    眠れなくなるよ

    世界の白バイ組み様

     コメントありがとうございます。

     怒りが蘇ってきて 眠れなくなります。(苦笑い)

     拝啓 シバタ ヒデキ裁判官様

     >衝突直後から全く意識がなく,呼吸はしていたもののロから泡混じりの血を吹いている状態であって(A隊員の原審供述1 2 6項),重大事案であることには変わりがない。
     
     自分で審理もしないでよくもA隊員の証言を信用できるな。

     公判を開くなと高知県警からお願いされたかのか?
     いんや 最高裁人事院筋から命令されたのか?


  11. 世界の白バイ組み | URL | 5gHmyuQA

    二審での指摘

    ここのこれでした。
    http://blogs.yahoo.co.jp/littl太字の文emonky737/28644894.html

    Bー2
     ②の液体の由来の点についてみると,確かに,所論指摘のとおり,上記液体が,被告人車から漏れたとは考え難く,写真撮影報告書(原審甲2 3, 特に2枚目表上段,中段等)によれば,o車から漏れたと認められ,原判決のこの点の認定は正確性に欠けている。しかし,この点の誤りが原判決の上記2条の

     スリップ模様のものの由来についての判断に影響を及ぼすものではない。
    太字の文
    B-3
     ③の色が濃い部分の出現原因の点についてみると,確かに,所論指摘のとおりであり,むしろ,被告人車が最終的に停止した左右の前輪により強く路面に押し付けられて形成された可能性があるが,その発生機序は正確には不明であって,原判決の説示は正確性を欠いている。しかし,この点の誤りは

    ,スリップ模様のものの由来の認定に影響を及ぼすものではない。

    B-6
     ⑥のo死亡の認知の点についてみると,上記のとおり,被告人の逮捕後にoが死亡しているから,逮捕の被疑事実は業務上過失傷害であったと思われ,被疑者が死亡した重大事案とする原判決は正確性を欠いているが,oは,衝突直後から全く意識がなく,呼吸はしていたもののロから泡混じりの血を吹いている状態であって(A隊員の原審供述1 2 6項),重大事案であることには変わりがない。

  12. 世界の白バイ組み | URL | b8jyf.mU

    白バイの過失とまずい証拠

    うろ覚えですが、裁判官が警察側に不利な事を言った事が気になっています。

    一審か二審の

    ・「白バイ側に前方不注意があった(が)」旨の発言。
    ・「検察側証拠が多少おかしいところがある(が)」旨の発言。

    裁判は一旦終わりましたが、詳しく説明を受ける事はできないのでしょうか。

    (1)白バイは、前方不注意で何を具体的に発見すべきだったのか

    ・バス?
    ・黄色点滅信号?

    (2)裁判官も認めるおかしい証拠って、じゃあ「具体的にはどれとどれ?」

    特に(2)は気になって、思い出すと仕事が手につきません。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/24-54eb9db1
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。