スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

片岡さんはどう事故を説明したか 最終回

2009年10月28日 23:06

検面調書の残りのページを掲載します。

  念のため、申し上げておきますが、この調書の内容と片岡さんのホントの供述のほとんどが一致していません。

 この3pから最後のページにかけてが 副検事Kの本領発揮でしょう。

 いらぬ解説なしで掲載します。

 煮るなり焼くなり、転載するなり、無視するなりご自由にどうぞ




検面3

検面4 

kennmenn5 
    (このページの中ほどの空白部分は私の削除です)

 現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(2010年春頃を予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように支援する会が署名活動を行っています。ご協力をよろしくお願いします。    

 

     詳細は → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします。

    コメントの皆様へ 

    参考になるコメントや重要なコメントありがとうございます。きちんとへんしんさせていただきたいので、今しばらく返信をお待ち下さい   



  この調書、全てが嘘と言う訳ではない。

  特に最後のページの項目8についてはそのままだろう。
  一部削除してして掲載したのには理由があるが・・・・ ご遺族への配慮と理解してください。

  私は今でもご遺族も県警捜査の被害者と考えています。

  県警としたらその償いは 金銭的なものでカタをつけたつもりだろう。税金も使ってね。

  それだけでなく、心理職員をつかって遺族感情につけこみ、見事に・・いや 汚くも人の心を操りましたねぇ

  流石だ 高知県警。 

  
  

  

  
スポンサーサイト


コメント

  1. lm737 | URL | 02QnOYzI

    エスパー様

     警察での調書の掲載をはじめました。

     地検調書では『勘違いだった』と自分の主張を訂正したことになっていますが、警察調書では警察の事故状況をそのまま認めてたことになっています。

     記事では ③地点で話が終わっていると書きましたが、実際には図面が提示されることもなく、事故状況の話は「確認した、しない」の争いで終わったとのことです。

     その後、警察の取調べはなくて、片岡さんは地検の呼び出しに これで自分の主張ができると出かけたのですが・・・

     スリップ痕が本物なら警察の取調べの時もきちんと見せているだろうし、マスコミもそれを報道するのが自然と言うものです。

     所轄の土佐署は誰かの指示を待って、それから、調書を作文したのでしょう。作文と言えば、法廷で読み上げられた判決と手に入れた判決文の内容も違うしねぇ・・ 証人尋問さえも私が見聞きしたものと速記から書き起こした内容が違っている。

     辻褄合わせに苦労しただろう

     

  2. lm737 | URL | 02QnOYzI

    Re: JP2様

    リンク先 DLして 保存させていただきました。

    確かに 2枚の写真の撮影の時間差は長くても1~2分のような気がしますね。

    『ついでにこれも出しておくか?』って感じですな。

     もっとも どちらが先に撮影されているのかわかりませんが、こぼれているものを元へ戻すとは考えにくいですからね。

  3. lm737 | URL | 02QnOYzI

    kochiudon様 猫のパパ様 ひげおやじ様

    皆様 コメント返信遅くなりました。

     この地検での出来事が事故が、事件となっていくことのきっかけとなったのは間違いありません。

     その辺りを察している皆さんの鋭いコメントに感謝します。

     片岡さんの話では 検察官と遣り合っている隣で事務官がPCのキーボードを打ち込んでいたそうです。
     印刷の時の様子を聞いたのですが・・頭に血が昇っていてその辺りの記憶はないようです。 捺印したことさえ記憶にない状態でした。

     この調書の内容はともかく、最後の3行の字体等の怪しさは気になりますね。
     プリントアウトした後に3行を加えたのか? または 3行が印刷された用紙で調書を印刷したのか?いやいや 定型文だからソフト上で切り貼りしたのだろうか??

     などなどういろいろと浮かんできます。 

  4. lm737 | URL | 02QnOYzI

    皆様とひげおやじ様

    本文記事に 一部追加します

     最後のページの 中ほどの 「葬儀~~私は妻と・・・」の間の空白は私が削除しています

     参考 → 続きを読む

      ひげおやじ様 説明不足でごめんなさい

  5. esper | URL | Dj3FGJNU

    Re: 片岡さんはどう事故を説明したか 最終回

    事故から8カ月後に検察に出向いたときに、すでにこの文面が出来上がっていてサインされたようですが、開いた口がふさがりませんね。

    ここは確かにおかしいことばかりでつっこみどころ満載で警察の思い描いたとおりの文面にみえますが、やはり核心となると警察での調書作成時になると思います。

    片岡さんはスリップ痕とさっか痕の写真を見ていない。
    片岡さんは事故の状況を説明していない。もし説明したとすれば、5の地点で停止中の衝突であった。
    警察から4の地点でバスが動いているときの衝突であるとの説明を受けていない。
    事故当日の現場では、自動車に乗ったままの現場の指差しであり、道路上のスリップ痕を片岡さんは見ていない。

    警察での調書作成時に片岡さんがいくら「バスは5の地点で止まっていたところの衝突」と主張したところでスリップ痕とさっか痕が事実のものであるならば、バスが動いていたという動かぬ証拠であり、警察側と被疑者の主張の違いがあっても、簡単に自供に追い込めたはずである。

    なぜ、警察の取調べの結果を被疑者は知らないのか、証拠の現場写真を警察で見せることがなかったのか、被疑者に自供させなかったのか、常識ではありえない不審な取調べであることがわかります。

    バスのスピードが10km/h程度であれば、写真からバスの部品の飛散分布をみれば、衝突地点すなわち路側帯から6.5mの位置かそれとも9.1mの位置かの割り出しは容易にできるはずです。

    もしバスが発進しているときの事故ならば、なぜ白バイはクラクションを鳴らさなかったのか、ブレーキをかけるなどの事故回避行動をとらなかったのか、衝突するまでバスの運転手が気がつかない状況にしたのか、白バイが20m手前でブレーキを踏めば60km/hでも止まれたはずなのになぜ事故回避しなかったのか、説明がつきません。

    警察による組織的な事故形態の捏造であることはこれで明らかです。

  6. ひげおやじ | URL | 3un.pJ2M

    Re: 片岡さんはどう事故を説明したか 最終回

    警察、検察はアナログがお好き。

    最終ページ、中ごろの白塗りは何なんでしょうか。公文書では、下の字が見えなくなる黒塗りや白塗りは許されません。訂正削除する場合は取り消し線です。お得意のプライバシー保護でしょうか?
    こちらで消されたようですね。色でもつけてもらえれば分かりやすいかと。後で気づきましたのでこの部分追記

    最後の三行は、別文書のコピーを手で貼り付けたものですね。それまでは正角書体(、や。を含めてすべて同じ幅の書体)で、文字間も取ってありました。

    問題の3行も、1行目と3行目は完全に別です。フォントも違いますし、長体がかけられています(縦長文字)。
    真ん中の行は、同じフォントでプロポーショナル書体だと思うのですが、同じ文書の中で一連の流れの中で、フォントを変えるのは不自然ですし、何よりいがんじゃってます。別文書からの貼り付けでしょう。

    これら3行のゆがみですが、下の罫線との間の空白が、1行目は頭5ピクセル、尻10ピクセル、真ん中が7--6ピクセル、最後が5--9ピクセルとなっています。
    同時に打ち出して、特定の行だけいがめられるものなら目の前で実演していただきたいものですね。

    警察・検察官の必帯は糊とハサミということです。それも使いようで、せめて定規を当ててまっすぐ貼ってほしかった。え?こんなこと教えちゃいけなかった?

  7. JP2 | URL | mQop/nM.

    もとの供述調書が「警察の作文」ですね。

    自分たちで書いた筋書きにすら合わせられないということで、高知の警察はどうすればいいのか?

    まさにその映像版がこれです。新発見しました。今までの間違い探しで一番わかりやすいです。白バイ後方からの事故路面撮影写真は2種類あったのですね。例のケース内の散乱物移動が発生しております。ところがバイクの影を見ると時間の推移が感じられません。タイヤの溝と影の関係を確認ください。これはすごい。数秒でやったという可能性は無くは無いでしょう。でもその場合は行為に明確な意思と目的があり、その上で移動後の一方が撮影されたことになりますね。その「意図は何」という疑問に撮影者が回答しなければ裁判は進みませんでしょうね。

    これも比較図版作成してみました。
    http://www1.axfc.net/uploader/File/so/33338

    もとの写真はこちらです。
    http://hachiman-kumori.blog.so-net.ne.jp/2009-09-17
    http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/42093050.html

  8. 猫のパパ | URL | -

    Re: 片岡さんはどう事故を説明したか 最終回

    この文章は、確かにパソコン等のワープロソフト等を使用したようですね。規則正しく上下左右に並んでいますのでワープロソフトでしょう。
    それ以外(DTPを含む)の場合は、新聞等のように読みやすい活字の配列になります。
    (このコメントなどがそうです)

    問題の2行は、間違いなく先か後に書き込みした物と考えられます。

    話しが変わりますが
    私の所に 警察が勝手に捏造した「呼び出し状」を作り送りつけてきた時に似ています。

    あまりこの手のパソコンやソフト操作になれていない人間がとかくやる文章と構成の間違いに思えます。
    文章に流れがないので後で書き込んだ物に思えます。

    でもこの事を指摘すれば あの奴らはまた作り話しを言いますね。

    浅はかな知識と操作しか出来ない情けない奴らですね。



  9. ひげおやじ | URL | 3un.pJ2M

    Re: 片岡さんはどう事故を説明したか 最終回

    あ、開いた口がふさがらない・・・

  10. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: 片岡さんはどう事故を説明したか 最終回

    この記事が掲載されるだろうと、昼間に手持ちの同じ調書を反復熟読予習しておきました(笑)
    確かに内容は本人の供述でない部分が多いようです。
    ところで署名上の本文最後の3行のうち下から1行目と3行目の活字の大きさが小さいのはなぜでしょうね?
     

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/231-4367b22d
この記事へのトラックバック

「DNA型鑑定に誤り」元死刑囚の妻が再審請求。飯塚事件。福岡県警。

毎日 飯塚事件:元死刑囚の妻が再審請求「DNA型鑑定に誤り」 飯塚事件のDNA鑑定の誤りを説明する岩田務・主任弁護人(右)=福岡市中央区で2009年10月28日、金澤稔撮影 福岡県飯塚市で92年、女児2人が殺害された「飯塚事件」で、殺人罪などに問わ?...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。