スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

王の帰還=出所に向けて

2009年10月28日 16:21

日記です

 この日記を書いている日付から計算すると片岡さんが刑期を満了してかえってくるまで118日です。片岡さんはそれまでに帰ってくることができるだろうか。

 私も仮出所を期待してはいるが、ここまで事件の知名度が上がると無理じゃないかな・・という気がしている。 (ゴメンネ。ayaチャン)

 「出所の日程が決まったら連絡してください。」

 最近、仮出所を期待する人達から、そういった電話が片岡家にかかってくる。友人知人はもとより、マスコミからもだ。収監時よりもその数が増えているのがうれしいと素直に奥さんは語ってくれた。

 そのマスコミの中に地元マスコミは1社もない。相変わらずのスタンスを保持するようだ。

 「それにしてもよ。小猿」 と奥さんが話し始めた。

 「どうして、きちんと事故のことを報道してくれなかったんだろうね」

 (姐さん、そりゃ無理ってもんですぜ。奴ら一蓮托生ですからね) 

 「落書き」ならあっさりとそう書くところだが、私は「ホントにネェ・・」と続きを待った。あの事故の報道姿勢が今の状態の原因の一つてある事は間違いない。

 「スリップ痕さえながしてくれたら(テレビや新聞の報道で)・・こんなことにはならんかったね。」

 事実その通りだと思う。地元各社はきちんと撮影しているが、どうやら『上』の方で、表に出すなと話がついていたのだろう。

 「もし、晴さんがでてきた時に〇×△■から取材が来たら、あの人にきてもらいたいねぇ。」と意外な人の名前を挙げた。

 その人は片岡さんが収監前日に取材にきた副部長さんです。 よく聞けば収監二日前、前日と2日間に渡って仁淀川町の片岡さん宅を取材に来ていた。延べ4時間くらいは話したようだ。

 それでも、一行の記事にもならなかったが、人のよさそうな顔をして、物腰の柔らかい人物だった。しかし、それだけで奥さんが信頼したわけではないだろう。

 『取材の姿勢』

 信頼した理由はこれに尽きると思う。それなりの事情があって記事にできないことは奥さんも私もわかる。しかしそれはマスコミ関係者としての事情じゃないだろう。

 それでも信頼している・・というよりは奥さん達は頼りにしているんだ。(タブン)

 10月27日の高知新聞朝刊(田舎版)のコラム『閑人調』に足利事件とマスコミについて、「遼』というペンネームで書かれていた内容をおつたえします(要約です)

 足利事件で菅谷さんが自白をしたとされるその日。橋本大二郎さんが知事に初当選した。

 菅谷さんの17年半がいかに長かったか。橋本前知事以降の県政に重ねてみればよくわかる。ただしこの事件。冤罪ではないのかと思わせる節目はいくつもあった。

 裁判官や当初の弁護士。多くのマスコミはそれらを過小評価し見過ごしてきた。

 そんな中「おかしい」と感じたのは記者たちではなく一人の主婦だ。彼女は菅谷さんと手紙のやり取りをし面会を重ね『冤罪』を確信する。

 その行動が再審請求運道の大きなうねりに繋がった。その検証を怠ったマスコミとの違いはあまりにも大きい。

 「取調べをした刑事や検事、裁判官は絶対に許せない。そのなかにはマスコミも入る」。メディアに身を置く者として菅谷さんの言葉がずんと響く。

                                         以上

  現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(2010年春頃を予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように支援する会が署名活動を行っています。ご協力をよろしくお願いします。    

 

 

 

 

     詳細は → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします。

         今日の一言 「・・・・とくにありません・・」

スポンサーサイト


コメント

  1. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: 王の帰還=出所に向けて

    >「スリップ痕さえながしてくれたら(テレビや新聞の報道で)・・こんなことにはならんかったね。」
    >事実その通りだと思う。地元各社はきちんと撮影しているが、どうやら『上』の方で、表に出すなと話がついていたのだろう。

    私も同感です。これにより地元報道に期待はできないと予感しました。
    そして今、収監前とは異なり他県の報道が出所に期待しているからには、何らかの複数アクションが期待できるでしょう。
    その時、地元報道は果たしてどういうスタンスでいるのか興味津々です。
     

  2. 猫のパパ | URL | -

    Re: 王の帰還=出所に向けて

    片岡さんの無念を考えるとつらいです。
    明日にも私自身が、同じ事を警察と検察と裁判官のぐるでされるかもしれません。

    ここは、政治家に手紙を書くのも一つと考えます。
    前政権と手を組んだ警察と裁判所に何も解決は期待できないと考えます。
    でも、今なら時勢の勢いで他の政治が悪奉行と越後屋の最強のタックを解体出来るのかも知れません。

    お手紙を一度出してください。
    (私ならムネオさんかも・・・・)


コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/230-50e84ee1
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。