スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この事故の争点

2009年10月14日 22:30

 2006年3月3日に発生したスクールバスと高知県警白バイの交通事故。この事故が事件として初めて報道されたのは、1年7ヵ月後の07年10月3日のKSB瀬戸内海放送。 映像は→こちら

 この放送の翌日に第一回の控訴審が開かれて即日結審されたのだが、これ以降、マスコミ等で事故の争点が取り上げられた。

 「バスは動いていたか止まっていたか?」である。

 片岡さんを起訴した高知地検は路面に残された「スリップ痕」を、急制動の証として、衝突時に動いていた証拠として法廷に提出。一方、片岡さんサイドはバスは止まっていたという証人を2名用意した。バスに同乗していた引率教員と、バスの後から事故の瞬間を目撃した校長である。

 詳細な流れはKSBが特集を組んでいるので、上記のリンク先を覗いてみてください。全て見たら3時間くらいはかかるかもしれません。

 争点は「バスは動いていたか止まっていたか?」と書きましたが、実はこれでは言葉が足りない。足りなかった。

 「バスは何処で止まっていたか?」 というスクールバスが停止していた位置。言い換えれば「何処で衝突したのか?」ということを争点として、明確にすれば検察への反証も違ったものになっていたかもしれない。

 こんな思いを持ったのは08年10月30日の高裁判決直前の特集記事を読んだ時だった。

 その特集記事の中に下のような事故現場状況図が掲載された。

現場状況図高新 

 記事中にこの『状況図』を説明する文章は1行もない。本来なら警察の発表による状況図とかいったキャプションが入るべきだろう。なぜならばこの衝突地点は警察の発表のみを図化したもので、片岡さんサイドの主張する衝突地点が図上に記載されていないからだ。

 ここで衝突したのなら、バスが止まっていようが動いていようが「こりゃバスが悪いわな」とか「バス悪いわな」とかなりそうだ。

 警察発表と片岡さんの主張する衝突地点の双方を記載するとこうなります

 朝日新聞現場状況図

 上の記事は07年10月29日付けの朝日新聞の高知版記事に掲載されたもの。

 片岡さんは②の地点まで進行した地点で停車して、高知市方面(図の上方)からの車をやり過ごしていた。バスに後続していた校長は「サイドブレーキ」を一旦引いたと証言しているから、そこそこの時間は②地点でスクールバスは停車していたことになる。そこへドカンときた。というのが片岡さんの主張です。

  おっと 話がずれはじめましたが・・・・

 この二つの状況図が掲載されたのは、いずれも高裁判決直前。

 もし、地元紙が故意に片岡さんの主張を図上に記載しなかったのなら、情報操作・・とまでは言いませんが、印象操作といって良いのではないか?片手落ちなのは間違いないだろう

 裁判員制度の導入で『報道のあり方』が問われていますが、どちらが公平で客観的な状況図かといえば、下の朝日新聞のものでしょう。

 以下余談ですが・・・・

 後日、バスに乗っていた生徒がKSBの取材に答えている。

 『バスは止まっていました。他の車もバスが通過するのを待ってくれていた』と言った主旨の証言をした。(KSBシリーズ第9弾08/07/29)

 それを見た地元のマスコミ関係者の感想は「生徒は村八分を恐れている」だったと、私はあるオンブズマンの方からそう伝え聞いた。それが事実なら「村八分が怖いから、生徒は嘘を言っている」ってことになるのですが、いくらなんでもそれはないでしょう。 そのマスコミ関係者は・・高知県では有名な方だが、事実関係を客観的に見てそう言っているのだろうか?

 以上、旧ブログの過去記事を焼直した記事を書いたのは理由がある。「人気ブログランキング」に参戦してから、地元高知からのアクセスが急増した。ありがたいことです。

 高知にはテレ朝系列の放送局がないから、この事件を全国放送してくれた「ザ・スクープ」も「ドキュメンタリー宣言」も「テレメンタリー」も見ることができない。もちろん、KSBも。

 地元高知の人の多くが、事故があったことは知っていても、その中身はこれほどまでに事件性に満ちていることは知らないのではないだろうか。また、片岡さんが刑務所に収監されていることを知る人がどれだけいるだろうか。

 その理由に地元マスコミの報道姿勢がある。 地元マスコミがどういう姿勢やスタンスでこの事件を見ているのか。何処を向いて仕事しているのか、その辺りを考えてもらえればと思います。

 現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(2010年春頃を予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように支援する会が署名活動を行っています。ご協力をよろしくお願いします。     

     詳細は → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  こちらにも参戦しました クリックよろしくです。

   今日の一言   「地元紙のコラム等で見かける社会正義が空々しくていけネェやな」

    地元紙記事全文 → http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/24935695.html

    報道記事関連 →  http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/folder/268716.html

 

 


 追記です

 『同被告側は「左右の安全を十分に確認してから国道に入った。右折先の車線を来る車をやり過ごすため、道路中央で停止中に白バイが高速で衝突してきた。過失がないので、罪は成立しない」と主張。』

 高知新聞は「道路中央で停止中」と記載した上で 警察主張のみのこの事故状況図を掲載したわけだ 

 片岡さんは道路中央といっても中央分離帯付近で衝突されたとするのが正確な記事であることはいうまでもない。

 このような 記事を書いて 「疑うな」 と言うのは私には無理だな。
スポンサーサイト


コメント

  1. 猫のパパ | URL | -

    Re: この事故の争点

    片岡さん 真実は一つです。
    本当は、政権が変わったのですから新しい警察に生まれる機会だったのですがサラリーマン警察には変わる勇気がありませんね。
    片岡さん がんばってください。

    私も合理的に納得ゆくまでお話しをします。

  2. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re: この事故の争点

    高知県警察本部長に北村氏

    高知県警察本部の新しい本部長に、警察庁長官官房付の北村博文氏が就任することになりました。

    この人事は15日、警察庁が内示したものです。
    新しく高知県警察本部長に就任する北村氏は奈良県出身の46歳。京都大学法学部を卒業して昭和60年に警察庁に入り、警察庁生活安全局生活安全企画課理事官、大阪府警察本部交通部長や内閣官房長官秘書官などを歴任しています。

    現在の平井興宣本部長は、警察庁警備局公安課長に就任します。
    この人事異動は今月22日に発令されます。

  3. esper | URL | Dj3FGJNU

    Re: この事故の争点

    >なぜならばこの衝突地点は警察の発表のみを図化したもので

    私は警察が図化したものを新聞社がそのまま載せたものと思うのですが・・・。
    その修正版はこちら↓。ただし白バイは第一車線を通ってきたとの情報もあります。
    http://photos.yahoo.co.jp/ph/keima_tokin/vwp?.dir=/82c8&.dnm=b7dd.jpg&.src=ph&.done=http%3a//photos.yahoo.co.jp/ph/keima_tokin/vwp%3f.dir=/82c8%26.dnm=b2df.jpg%26.src=ph

  4. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: この事故の争点

    高知新聞の図面を読者が見れば、ここが衝突地点だと思うでしょうね。
    そうなるとバスがかなり悪いと読者が思ってしまっても仕方ない。
    衝突地点が事故の争点でもあるのですから朝日新聞のように書くのが
    公平でしょうね。明らかに高知新聞は偏向報道をしていると感じざるを得ません。
    こういう偏りが随所に見られるから私ごときに叩かれるんですよ高知新聞さん。
    会って話せばなかなか奇麗ごとの御託を並べるんですがね・・・・笑
     
     

  5. lm737 | URL | 02QnOYzI

    Re: この事故の争点

    i_2_me さま

     お久しぶりです

     リンク先拝見致しました。

     >あちら様の御主張されている衝突地点=X標識 は、どこなんでしょうかね?
     
     見分調書では歩道から6.5mでバスの右角となっていますが・・・う~~む・・・・そういえば、手持の現場写真の中で衝突地点を示す標識やそれらしきチョークマークが写ってるのは記憶にありませんね。

     もっとも 気にかけて探したことが無いので、見落としているのかもしれません。探してみます。

     

  6. i_2_me | URL | 8l8tEjwk

    Re: この事故の争点

    うーん、、、
    この2つのうちどちらの衝突地点か?というのも勿論そうなんですが、
    あちら様の御主張されている衝突地点=X標識 は、どこなんでしょうかね?

    http://i2meneo.blog10.fc2.com/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/222-35673565
この記事へのトラックバック

愛媛県警側に立つ弁護士達。愛媛県松山市白バイ事故

この弁護士達の名前は記録しておこう。 民事裁判で愛媛県警側に立つ弁護士達。 =被告=第12回準備書面= 愛媛県松山市白バイ事故・・母です 被告愛媛県警及び被告兵頭誠訴訟代理人弁護士 武田秀治 被告愛媛県指定代理人 鈴木 雄二 同 白田 英樹 ...

飲酒当て逃げ偽証警官が「不起訴」!非常識にもほどがある!

なぜこんなのが不起訴で片岡さんがムショ行きなのだ!? ここにも警察官だけに使用する「推定無罪」 西日本 当て逃げ容疑は元警官不起訴に 福岡地検飯塚 2009年10月14日 00:12 カテゴリー:社会  飲酒ひき逃げ事件を起こしたとして起訴され、別の当て逃げ事...

51件の内部処分。徳島県警。

日本最大の犯罪組織と仙波さんは言うが・・・・。多いのか少ないのか。 朝日 県警内部処分51件 06年度以降情報開示 2009年10月15日 ◆うそ報告、速度違反67キロ…  県警が06年4月から今年9月10日にかけて、計51件の内部処分を科して...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。