スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今日届いた本

2009年09月03日 21:52

 今日 片岡晴彦さんを支援する会の方に、出版社から一冊の本が届きました。

   裁判所の大堕落―冤罪を続発させ役人のいいなりになる腐敗組織

   著者 森田義男

  この本の中で高知白バイ事故が「警察のでっち上げ事件」の代表例として、4pにわたって取り上げられています。

  著者は税理士なのですが、税金関係の行政訴訟に関わっている人物です。その訴訟を通して「公平である」と信じていた裁判所が実は病んでいることに直面し、「裁判所は役所の悪行に対して免罪符を出し続けている。役所のデタラメ行政が後を絶たないのはこうした裁判所の体質が原因だ」と確信するのに至っています。

 刑事裁判に関しても『足利事件』と高知白バイ事件を例に取り上げ、警察・検察と癒着した裁判所を強く批判しています。

 そして、これら冤罪事件の真犯人は裁判所にあると主張しています。

 著者の森田氏から支援する会や片岡さんは取材は受けていませんが、記述された白バイ事件の内容は正確なものであり、裁判所に対する思いは私達と共通しています。

 また、今の司法における最大の問題である司法の官僚化を招き、出世と保身の裁判官を作り上げた輩の総本山最高裁事務総局についてもわかりやすく書かれています。その他、マスコミのあり方や記者クラブ制度にも触れています。

 この一冊で、司法の知識がなくても司法の現状がよくわかるようにまとめられています。一気に最後まで読めるお薦めの一冊です。

 

 現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(2010年春頃を予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように署名活動を行っています。ご協力をよろしくお願いします。  

   詳細は → 支援する会HP    

   
← ランキング参戦中です よろしくおねがいします

スポンサーサイト


コメント

  1. AS | URL | iM9h6N8.

    Re: 今日届いた本

    太平洋戦争敗北後、責任を取らされ法曹界から追放された判事は一人もいません。先頃の横浜事件免訴判決が好例です。
    つまり、最高裁は“天皇の名において裁いていた”大審院当時と何等変わっていないんです。
    いや、悪しき伝統が連綿と続いている、と言っていいかもしれません。

  2. mi9chael | URL | -

    Re: 今日届いた本

    こんばんは―
    9月4日の新聞(日経)で以下の記事を読みました。
     「ミャンマ―の民主化運動指導者アウン・サン・ス-・チ―さん(64)は3日、国家防御法違反で有罪とされた先月11日の特別法廷判決を不服として、ヤンゴン管区裁判所(日本の高裁に相当)に控訴を申し入れる文書を提出した。―」

    このニュ-スは、高知白バイ事件とはもちろん関係ないのですが、日本の三審制が全く機能していないらしい(高裁、最高裁がするべきことをしてない)のを知ると、ミャンマ―と比べても、日本は先進国と言えるのかなぁ-?と思ったりします-
    刑法犯の有罪率99.9%というのはあり得ない数字ですよね。
    この%のままで、裁判員制度が定着するんでしょうか?まず「有罪」ありきで、刑期だけ一般市民を参加させて決める・・・こんなのありでしょうか?
    民主党はどう考えるんでしょうね?

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/202-ab458a93
この記事へのトラックバック

何に税金使ってるの?飲酒依存警官の健康管理強化へ。

>安藤長官も、福岡県警の取り組みを参考にするという。 ありえない。どんな考えで? 依存症なら免許停止でしょう。警察官の場合。 飲酒依存警官の健康管理強化へ 事故を受け安藤長官表明  福岡県警巡査部長の飲酒運転事故を受け、警察庁の安藤隆春長官は...

高知新聞に「波」はくるのか。鳩山新政権は記者クラブ開放という歴史的な一歩を踏み出せるか 1 上杉隆氏

ダイヤモンドオンライン 上杉隆(ジャーナリスト) 【第92回】 2009年09月03日 1 2 3 鳩山新政権は記者クラブ開放という歴史的な一歩を踏み出せるか  いよいよ鳩山内閣が発足する。特別国会初日の9月16日は、誰もが注目する政権交代の日になるだろう。 ...

ひどかねえ~三連発。女性の強制採尿に集団で男性警官加わる。京都府警

変態集団か。 読売 女性の強制採尿に男性警官加わる…弁護側「違法」主張  覚せい剤取締法違反(使用)に問われた京都市内の女性被告(27)が京都府警から強制採尿された際、女性警察官だけでなく男性警察官も加わっていたことがわかった。強制採尿の際には成人...

さいたま地検よ、おまえもか。身内には「推定無罪」痴漢:容疑の元警官、起訴猶予

毎日 痴漢:容疑の元警官、起訴猶予 鑑定で裏付け取れず--さいたま地検  さいたま地検は4日、7月に埼玉県迷惑行為防止条例違反(痴漢)容疑で書類送検された元県警捜査1課巡査部長の男性(34)=依願退職=を起訴猶予処分とした。  送検容疑は4月14日...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。