スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

短くなった ブレーキ痕

2009年07月24日 01:21

これまで、現場に残されたブレーキ痕について書いてきました。

  〇現場に残されたスリップ痕   〇スリップ痕 の 長さの変化

 今回は 科捜研が高知地裁に出した証拠資料からスリップ痕の長さを検証してみます。 

 (まぁ 何れも既出のネタの焼き直しで、申し訳ありません)

 下の図は高知県警がステレオカメラで撮影したブレーキ痕写真から科捜研が図面化したもの。

 注)縮尺は10分の1となっていますが、ここに掲載したものは縮尺が違っています。

ステレオ写真  

 ステレオカメラとは警察の事故処理車の屋根の上に潜望鏡のように出てくる特殊なカメラのことで、撮影したものの位置や長さが正確に再現できるカメラとのことです(検察談)。科捜研はステレオカメラの撮影データーをオリンパス社のソフトを使って、長さや位置を正確に図面におこしたと申してます。

 どの程度正確に長さを表せるのか?

 事故に巻き込まれた片岡さん運転のスクールバスの諸元表によると、前輪の輪距は190.5cm

 輪距=左右のタイヤ中心間の距離。図で言うところの上から2番目の横矢印の長さ。

 科捜研の図面上では19.02cm。縮尺1/10ですから、算出値は190.2cmでバスのカタログデーターと0.3cmの誤差はあるものの、この図面は正確に長さを図面化しているといえるでしょう。

 同様に 今度は左右のブレーキ痕を算出すると・・・すでに図に書き込んでいますが・・・下のようになります。

     右 68.0cm      左 96.3cm 

  実況見分調書では 右1.0m 左1.2mと記載されていますから、これは誤差なんてものでない。

  次に ブレーキ痕幅について観てみる。

 (参考) タイヤの総幅226mm 総幅=接地面ではありません

 〇図面から算出すると 1.43cm×10=14.3cm

 〇kochiudonさんの計算では → これも嘘?捜査報告書の7/12記事

 〇走行実験時の実測値は 約16cm(ブレーキ痕先端部)

 〇警察撮影の写真では ブレーキ痕幅は・・・・・・

 写真A04ーk(右ブレーキ痕)

ブレーキ痕幅

 こりゃ 計測不能でしょう? 上の写真は下の写真を拡大したもの

 写真A04

a04  

 ブレーキ痕とアスファルトの境目がわからない。アスファルトも茶系ならブレーキ痕も茶系。メージャーもやや斜めだし・・・まぁ 幅を持たせて18cm~20cmってところでしょうかねぇ・・・データーとして無意味だけど

 図面から算出したものが、14.3cm (写真で計測している付近で算出)

 警察の計測では・・・・ご覧のとおり。幅よりも これがブレーキ痕かと、そっちに目がいきます

 


現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(2010年春頃を予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように署名活動を行っています。ご協力をよろしくお願いします。   詳細は → 支援する会HP  



                ← ランキング参戦中です よろしくおねがいします。

スポンサーサイト


コメント

  1. 鉄馬 | URL | HaMeHsw.

    Re: 短くなった ブレーキ痕

    こんばんわ。

    科捜研の値をとるか実況見分の値をとるか自由なんですね。
    どちらがどのように信頼性があるのか理由は知りたいですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/185-46ede6e4
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。