スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログ再開のお知らせ

2009年07月17日 22:37

  ブログ再開します。

 高知白バイ事故は証拠捏造の表面化によって『事件』になってしまいました。

 運転手の片岡さんが加古川刑務所から帰ってきたら、再審請求の本格的な準備行動に入る予定です。 それまでの間に、何ができるのか? 何をしておかなくてはならないのか?そんなことをブログを休んでいる間に考えてましたが、どうにも答えが出ない。

 休んでいる間は国賠訴訟に関係したレポートを書いてましたが、新たな証拠や情報が手に入ったり、旧ブログの方でコメント合戦があったりと忙しい毎日でした。しかし、ただ忙しいだけでなにも前に進まない毎日。

 ストレスが溜まりに溜まってましたが、あることをきっかけにそれが小さくなった。酒飲んで憂さを晴らしたってこともあるのですが・・

 旧ブログでなかなかの難敵が現れていたのですが、まわりは相手しないほうがいいとアドバイスももらった。私のほうも時間もなくて、読むだけのことが多かったが、そのやり取りの中であることに気がついたことがきっかけです。

 「こんなコメント投稿者が現れるってことは・・・何が原因か?」

 遊び半分の投稿かもしれないし、嫌がらせ程度か、格段の意図はないのかもしれないが、私としては「捏造ではない」というコメントが自分のブログにきたなら無視はできない。 警察の証拠写真に写っているスリップ痕はニセモノであることは私自身も自分の目で確かめている。

 (事故の一週間後に現場を注視したが、スリップ痕をはじめ事故の形跡は何も無かった。)

 一週間できえるスリップ痕があるわけがない。その想いから片岡さん支援を始めた。公判を傍聴し、証拠写真を手に入れたり、目撃者を探したりとしているうちにいろいろな情報が集まってきた。それらの中に捏造を補強するものはあっても、否定するものはなかった。

 そういったことを今まで ブログで書いてきたが、それでも、「捏造ではない」と言う人がいる。 中には絶対に認めたくない人もいるだろうが、「その原因の一つは私の説明が足りないからなんだろう。」と気がついた瞬間にやるべきことが見えてきた。

 スリップ痕の捏造や事故目撃者の偽証や科捜研のでたらめな算定書、不自然な現場検証がおこなわれ、それらの証拠が不公平な法廷で採用された結果が、片岡さんが1年4ヶ月の実刑判決となってしまった。

 片岡さんを刑務所へ送り込んだ証拠の中で、捏造を指摘する資料が一番揃っているのが、「スリップ痕写真」であり、これが立証できれば、目撃証言も、スリップ痕を元に算定された科捜研の計算結果も、現場検証もなんら意味を持たないことになる。

 なんでこんな簡単なことに気がつかなかったのか? 正確には気がつかなかったのではなく、忘れていたのか。なんですが・・・

 あれもこれもと、構成力がないのに捏造を説明しようとするからぼやける。今一度、スリップ痕という原点にもどって、それにあらたな情報もからめてブログを再開してみることにした。

 ファミコンで有名な任天堂は、そのハードの仕様をソフトメーカーに公開して、ゲームソフトの開発を委ねた。 その結果、FFやドラクエなど多数のヒット作がうまれ、ファミコンはコンピューターゲーム機の代名詞となった。

 私も手持の資料の多くを信頼できる支援ブログの管理人さんに提供することに決めた。さまざまなブログで様々な観点での証拠捏造の指摘が活発に起きることを期待しています。

 今の私に確実にできることは、この程度のことでしかない。

 やらなければならないことはたくさんあるが、時期の問題や自分の能力を超えた部分は先送りするしかない。

 これに気がついたら ずいぶんと楽になれた。

 

 

 

 

スポンサーサイト


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  2.  lm737 | URL | h1jHZ.gM

    Re: ブログ再開のお知らせ

    プレ記事拝見しました。

     どんどんやってください。

     内容が被ってしまいますと時間にロスが生じたりするので、今後もプレ記事を見せていただくと助かります。

     >旧ブログで絡まれていますね(^^)ヾ

     いやぁ・・性分なんでしょうね。こちらが絡んでる気分です。(苦笑)

     この問題だけは 『言い回し』負けたくはないんですよ。
     彼とは『スリップ痕は本物かどうか』を論じていくのですが、彼が命題に沿って論争する間は彼には私も誠意をもって答えるつもりです。
     命題に沿っているかどうかは 私が裁定するので、「不公平」といえば不公平でしょうが、シバタやカタタほどにはならない。それでも、彼は片岡さんの味わった理不尽さの欠片くらいは感じるかもしれません

     まあ 2chで名を馳せた人物ってのは知りませんでした。これが想定外でしたね。

     この先は、彼次第でしょう。

     ご心配かけますが、「LM737 VS 保冷所」 ちょくちょく見てください。

     

  3. 監視委員長 | URL | Ztawh61w

    Re: ブログ再開のお知らせ

    お疲れ様です。ブログ再開に期待します。
    しばらく見ていなかったので知りませんでしたが、旧ブログで絡まれていますね(^^)ヾ

    ネット掲示板に書き込んでいた連中と同一人物だとすると、どうやらイデオロギー絡みの連中の様にも見えます。イデオロギー絡み=信者みたいなものだからあまり建設的な議論にはならんでしょう。忙しい中、取り合わないのが一番です。

    偶然なんでしょうか?私もスリップ痕自体がウソを示していることに気がつきました。まさに「証拠がウソをつく」です。何が辻褄が合わないのか、プレ公開記事を提示しますのでご検討ください。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/182-f7d74367
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。