スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 高知白バイ事件と御殿場事件

2009年06月02日 00:16

 

   高知白バイ事件の被告=enzai被害者の片岡さんは、スパモニ等で放送される御殿場事件をすごく気にしていました。特に注目していたのはその事件の裁判のあり方。

 「俺と同じやね。何が何でも有罪にしなくてならないという感じの裁判やいか。俺よりかひどいねぇ・・・」

 「俺は入るようになったけど(刑務所に)、彼らは差し戻しにならにゃ、日本の裁判はホントおかしいことになる。なんとか無罪になってほしいねぇ・・・」

   結果はご承知の通りです。

 警察の捜査よりも、大きくぶれる被害者の証言を容認していく裁判に、片岡さん夫婦が不信感を強めていたのが記憶にある。「裁判ってのはこんなものなのか!?」 上告棄却の通知を受けた片岡さんはそう言ったが、御殿場事件で収監された彼らはそれどころじゃないだろう。

 先日 収監された被告の関係者から片岡さんの奥さんに電話があった。話した内容は詳しくは聞きけなかった。冤罪被害者の家族にしかわからないところがあるのかもしれない。それから、電話があったことを私に話した後に、奥さんはこういった

 「本音を言えば、私の場合も夫でなく、息子が収監されたら今ほど冷静に居られたかどうかはわからない。相手を恨みきるろうねぇ・・・・」

 

 今の法廷を支配している論理は何だろう?

 まぁ 最高裁人事院が人事を支配しているのは間違いないから、そこの論理が法廷を支配しているのだろう。そのあたりは 「司法崩壊」や生田暉雄弁護士の著書に詳しく書かれている。

 今度の衆院選挙の争点には間に合わないかもしれないが、確実に司法は改革が必要な時期に来ている。誰のための司法かまったくわからなくなってきている。

 司法のための司法か?

  今日 ドキュ宣で御殿場事件が放送された。それを見た関西の支援者から電話が入った。

 「LMさん。これはもう 冤罪の被害者の組織を作って行動しないとなんともなりませんよ。」

 志布志・富山・高知・御殿場・・・この他にもたくさん居るはず。そういった人達の声をまとめなくてはいけない時期がきたのではないだろうか。

 裁判員制度の目的の一つは『冤罪』を防ぐことにあるらしいが、今の私には冤罪判決の責任を国民に転嫁しようとしているとしか見えない。 「国民の代表も有罪としたのだから・・・(モンクナイダロウ?)」。冤罪裁判に関わった私から見ればみればそうなる。

 また、重大事件だけ冤罪を防げばいいってモノではないはずだ。 裁判員制度が冤罪を防ぐことが目的なら、全ての裁判に導入したらどうだろう。

 ドキュ宣 御殿場事件ダイジェスト版 → こちら

 片岡晴彦さん 再審請求署名活動中 → こちら

 裁判員制度の目的  → こちら(KSB高知白バイ事故シリーズ最新作の後半をご覧下さい) 

 

                           ← こちらも是非に
スポンサーサイト


コメント

  1. 世界の白バイ組み | URL | HaMeHsw.

    Re:  高知白バイ事件と御殿場事件

    こんにちは。

    見ました。

    不利な証拠は「不採用」

    ・出会い系で犯行日、彼女と会った会社員の証言。

    「彼女は、夜遅くなったいい訳に『婦女暴行とでもいう』といっていた」。

    ・少年達の犯行日のアリバイも無視。

    ・変更された犯行日、雨が降っていたのに服が濡れていない。彼女も雨が降っていたと言ってない。

    証拠の捏造

    ・降雨記録の改ざん。

    そして裁判長、裁判官の常識の無さ。

    「そこだけ雨が降らないこともありえないとはいえない」

    わたしはこの一週間で、高知白バイ事件と同じ構図の冤罪事件を二つ、知ってしまいました。

    無理筋をとおすバカな警察、検察、裁判所が、高知だけでなかったこと。

    心が重いです。

  2. lm737 | URL | ZJiAteBs

    足利事件

    世界の白バイ組様

     まぁ 科捜研が都合を悪いデーター(鑑定精度)を公表しなかったのでしょうね。だぶん、DNAが一致する可能性は低いと言うことは知らなかったとはいえないことはない・・・でしょう。

     当時の鑑定精度が185人に一人を特定する程度とは知りませんでした。当時のマスコミはDNA鑑定を早くから「間違いのない鑑定方法」として宣伝していたが、185分の1の精度と言う記事をよんだ記憶はありません。マスコミは警察にでも頼まれて宣伝したのだろう。

     taka_19682002 様

     >3ヶ月以内にある国民審査のためのパフォーマンスか?

     流石です。そして、その可能性がないとは言えない・・・

     やけに対応が早い。特に検察。何らかの目的を持ったシナリオができている気配がする。とくに検察が再審を待たずして釈放したこと。異例とテレビでもいっている。そのテレビも「以前から日本テレビでは疑惑を追及して来ましたが・・・」などと枕言葉のように使っているし・・・・。

     今のところ、菅谷さんに無期懲役を言い渡した裁判所に関するコメントがまるでない。DNA鑑定のぼろが出て、誤魔化しようがなくなった検察・警察が今までの裁判所に借りをかえすことにしたのだろう?


     

  3. 世界の白バイ組み | URL | HaMeHsw.

    足利事件

    この科捜研の救えないバカの罪は取り返しが付きません。
    (変態の書き込み者と同様)

    菅谷さんが逮捕された後に、栃木では二件、2人の子供が誘拐、殺害されているのです。

    犯人は捕まっていないのです。

    国民の人権より、子供の命より、メンツと昇進が大事。

    全く存在の意義を見出せません。

  4. taka_19682002 | URL | -

    Re:  足利事件

    当然の措置ではあるが,
    3ヶ月以内にある国民審査のための
    パフォーマンスか?

  5. 世界の白バイ組み | URL | HaMeHsw.

    Re:  高知白バイ事件と御殿場事件

    足利事件の受刑者が釈放となるようです。
    科捜研が主役の冤罪がひとつ、崩れましたね。

  6. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re:  高知白バイ事件と御殿場事件

    2003年 ザ・スクープ 版

    <特集1>検証!少年10人「えん罪」事件  

    2001年9月、静岡県御殿場市で少女にわいせつな行為を働いたとして10人の少年たちが逮捕された。警察の捜査や少年審判は「被害者」の主張どおりの「ストーリー」で進行、少年たちは少年院や拘置所に送られたが全員がえん罪を主張している。「僕たちはなにもやっていないのに警察から自白を強要された」「無実を勝ち取るまで僕たちは闘う、絶対にあきらめない」。そして取材の結果、意外な新事実が次々と浮かびあがった・・・。

    ●取材室という密室でおこなわれた警察の誘導尋問、暴力
    ●事件当日、少年たちにアリバイがあること
    ●携帯電話の記録が語る真実-何と被害者とされる少女は全く別の場所にいた!

    しかし、その後少年たちの裁判は前代未聞の信じられない展開に・・・。なぜ、少年たちは長期間拘束され続け、親との接見さえ禁止されたのか?さらに退学・留年・進学断念・・・少年たちの青春は警察によって奪われた!

    ■ 少年10人“えん罪”事件~警察に奪われた青春スタジオ~事件の疑問点を検証取材VTR→スタジオ→取材VTR→スタジオ 約20分

    http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/asx/scoop030202-01_0300.asx

    ■ 少年10人“えん罪”事件~親と子の闘い500日スタジオ~被害者の供述の変遷取材VTR→スタジオ 約20分

    http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/asx/scoop030202-02_0300.asx



コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/173-d48090f8
この記事へのトラックバック

ガンの患者を拷問に 東京地検特捜部

第二章 冷血検事 ガンの患者を人質に 七月二三日、担当検事がサラリという。 「ええと、先生の政治資金に関してですが、事務責任者の佐藤が虚偽記載で逮捕されることになります」  その言葉を聞いて、私は呻いた。佐藤とは、逮捕直前の二〇〇二年三月まで私の事...

市川被告 - 週刊女性 6月16日号 「高知白バイ事故 捏造事件」

証言が辻褄の合わぬ隊員の名前が載っていた。 月刊ウイル、週刊女性に載ったと言う事で、黒岩安光交通部長(元)を超え、全国区となってしまった。 たしか「市川幸男」と書いてあった。(あとで再確認しよう) というわけで、週刊女性 6月16日号はお勧めです。絶賛発...

「世論に押されてやりましたが、マスコミに出たもので何一つ、事件にする事はできませんでした」東京地検特捜部のひらきなおり

第三章 戦友。佐藤優 別件逮捕を認める検察  担当検事(谷川恒太)の答えは、意外なものだった。 「世論に押されてやりましたが、マスコミに出たもので何一つ、事件にする事はできませんでしたので……」  驚きのあまり絶句した。 ・・・  何より私が...

せっかく逮捕したのに有罪にできないとあなたに申し訳ないので・・・別件で。東京地検特捜部。

第三章 戦友。佐藤優 「正義の味方」の正体  獄中にいるときは私自身、まだ知らなかったが、三井物産の件が無理と判明した際、佐藤は、担当検事(西村尚芳)に、こういわれたという。 「(北方四島住民支援事業の件がダメになった以上)これじゃ、あなた(佐藤?...

被告の名前。月刊WiLL(ウイル)から 高知白バイ事件国賠訴訟

月刊ウイルから転載。 ・鈴木基久高知県警本部長 ・小松民生高知県警交通部長 ・川上良穂 ・松岡和夫 ・三好志朗 ・市川幸男 編集中…

東京地検に殺された彼女 東京地検特捜部

第六章 手術か選挙か 検察に殺された秘書 「先生、佐藤さんが、佐藤玲子さんがお亡くなりになったそうです」  秘書から自宅に連絡が入ったのは九月二三日だった。それを聞いたとき、私はどうしようもなく打ちのめされた。悔しさと怒りと悲しみでゴチャゴチャに...

「高知県警の手口」 月刊ウイル 07 Julyから 

大人の常識[月刊ウイル」 2009 07 July 高知白バイ事故 許すな、警察のでっち上げ偽装工作 粟野仁雄 ジャーナリスト 以下引用 登場人物 ・市川幸男 ・三好志朗 ・松岡和夫 ・川上良穂 目撃していなかった市川幸男隊員は、Y隊員の白バイとバス?...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。