スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

KSBとWILL

2009年05月27日 23:39

  WILLを読みました。 

 マジに被告の名前が全員載っていましたね。 それよりも驚いたことが・・『指紋捏造』まで掲載されたとは・・聞いてないよぉ。この件、公表を押さえに押さえてきたものです。関係者の了解が取れるまでは公開するつもりはないのですが、先を越されてしまいました。

 WILLの記事にて指紋捏造疑惑を暴かれた供述書は『高知地検」作成のもの。きちんとした鑑定も取っています。

 捏造疑惑もついに高知地検まで飛び火したね。

 いろいろと 極秘な情報ってものがあるわけなんですが、それを公開することによって 迷惑がかかる人が居たりするわけです。それを一番嫌ったのが片岡さん。

  今日 KSBのHPにUPされた高知白バイ事故シリーズ第18弾で片岡さんの手紙が紹介されています。その中で次のような映像があります。

「高松高裁で審理されていたら、如何なる判決でも受け入れていたし、上告などもしなかった。」

 07年10月4日の高裁即日結審から後、せっかくの証言や苦労して集めた証拠がシバタ裁判官に無視されたとき、片岡さんは「私のために皆の苦労や努力が無駄になった。これ以上迷惑はかけられない。」と考えたようです。 一時は支援者との間で上告するしないでもめたこともありました。「自分が収監されれば、家族や皆がしんどい思いをしなくてもいい。」と思ったのかもしれません。

 そんな片岡さんですから、重要な証人が出てきても「証言は・・・」となれば、それ以上証言を求めることはなかったですね。私なんかそんな(損な?)片岡さんを歯がゆい思で見ていた頃もありましたが・・・(今では「尊な」です。)

 「無理に証言してもらって、人に迷惑をかけて、 無罪になっても意味がない。」 

 片岡さんはそんな人です。 ですから 支援者やマスコミの人達の中に私を嫌う人はいても、片岡さんを信用する人がほとんどでしたね。まぁ あの頃の高知新聞は片岡さんを信用しても記事は別でしたが・・・

 一方で勝てばいいんだって人もいるわけです。少なくても勝たなくては意味はないってことでしょう。そりゃそうでしょうが、片岡さんやご家族の意向を受けた支援方針に対して「甘い」とか「今のままでは勝てない」とか親切なアドバイスをくれる人が最近増えてきました。確かに適切なアドバイスのあるのですが・・

 場合によっては、私も切れるぜ

 

 話変わって、ksbの放送の中で、コメントを求められた県警代理人が・・・

『最高裁で決定したことを私達がどうのこうの言うことはできない』

などと ほざいておりましたが、どういう意味かいな? 

 最高裁判決についてのコメントを求めた訳ではないはずだが?逃げ腰か? まぁ 身内とはいえ他人のケツを拭くのは気持ちいいもんじゃないわな。仕事で拭くとなりゃ特にそうでしょう。県警代理人としてテレビにも映りたくはないから、撮影が終わるまで入廷しないのも良くわかる。しかし 全面的に受けて立つとしたなら、堂々としたらどうでしょう。

 愛媛白バイ事故国賠訴訟では 閉廷後、地元マスコミは先ずは県警代理人にコメントを求めて、代理人はそれに堂々と答えていたが高知はそれもなし。

 最高裁が認めた事実が事実であると言うなら堂々としろ。できない理由があるからこそこそするのか 高知県警さん。

  

  支援する会署名活動中 → こちら
   



                         

 

スポンサーサイト


コメント

  1. lm737 | URL | ZJiAteBs

    Re: KSBとWILL

     皆様 
     
     一括返信で申し訳ありませんが、コメントありがとうございます。

     指紋の件は 関係者の承諾無しには掲載できませんし、承諾を頂いたとしても、タイミングもありますので当面の間は公開はないと判断していてください。マスコミが先行すれば別ですが・・・・

     高知白バイ事件のかなりの部分をブログ等で公開しています。一部のマスコミや、ジャーナリストには非公開なものを伝えたりしていますが、「片岡さんや関係者の承諾なしには出せない物は出さない」ので、よろしくお願いします。

     事故後4年目に入れば私達の「情報管理」にもほころびが出てきた今日この頃ですね。まさかこの指紋の件が雑誌先行でいくとは想像もしていなかったです。念のため書いておきますが、私が「切れた」のはWILLの記事の内容とか粟野氏に対してはないです。驚きはしましたが、苦笑い程度で終わりました。

     粟野氏の記事が6月2日発売の週刊女性に掲載されます。
     女性向けの記事です。奥さんや彼女、女友達に是非読んでもらってください。 よろしくお願いします。

     

     

     
     

  2. 世界の白バイグミ | URL | -

    こんばんわ。

    > この件を地検に直接出向いて問い合わせたら、「プライバシーの保護」という理由だそうです。

    写真を加工したから告訴し、裁判になっているのに、更に加工してくるとは。頭にウン?が詰まった人が、高知地検にもいることがわかりました。とゆうか、地検と県警って玄関が違うだけで中身は一緒なんですね。なにか、時間稼ぎをして逃げ切りたい人がいるんでしょうか。

    原告が片岡さんなのにプライバシーとは。裁判への妨害行為で、地検の人間を被告には追加出来ないのでしょうか?指紋捏造
    で。

    しかし、検察も不起訴、不起訴、連発するわけがわかりました。指紋捏造なんてねえ。

  3. taka_19682002 | URL | -

    WILLを読んでの感想

    WILLという雑誌の存在は,今回の件で初めて知りました。
    自宅から徒歩3分の田舎の本屋でも取扱っていましたので,
    早速買って読みました。

    全部で9ページと短い記事でしたが読み応えがあり,
    ネット上で出ていない記事もありました。
    (他のコメンテーターの方とと感想は被りますが,勘弁・・・)

    私はWILLのようなスタンスの雑誌を読む事は滅多にありませんが,
    それでも780円出して買った価値は十分あったと思います。
    スタンスに関係なく,可笑しいものは可笑しいと思います。
    (ここや雑草魂の方には,様々なスタンスの方がコメントされていると感じます)

    記事の最後の方に衝撃の新事実というべき「指紋捏造」が書いてありましたが,
    もし本当なら,バスが動いていたという証言の存在自体が怪しくなるという事でしょうか。

  4. esper | URL | Dj3FGJNU

    Re: KSBとWILL

    事故当日の取調べの時、白バイ隊員の家族の話とかがあったようですが、これは「刑事の取調べ」からは逸脱したもので、必要なことを取調べずに、立ち入るべきでないことを話題にしたようです。実に不謹慎と思います。
    裁判結果が出たときに拍手をしたというのも、警察官の本分からいくとこれも職務から逸脱したものであり、内心でどう思おうが自由だが、表に出すべきものではないと思います。執行猶予無しの有罪とはいえ、実刑にしては少ない刑期であり、拍手はなじまないものです。むしろ何かの計略が成功したからとも取れますね。

    WILLの記事は初耳なこともいくつかあり、読み応えがありました。警察の悪業と検察の横暴を、裁判であばくためにも、多くの人に読んでもらえるといいですね。

  5. 監視員 | URL | JalddpaA

    Re: KSBとWILL

    アドバイスですか。
    某掲示板でも似たような書き込みがあります。
    諦めろとでも言いたいのか、支援したい気持ちの助言では無いんでしょうね。
    自分が収監されれば・・・ほとんどの冤罪は
    これなんでしょうね。当然本人も精神的に参ってしまいますし、周りにも迷惑かけてると自分を責めるようになるのかもしれません。

    ここまで広く世間に知れ渡った要因は支援者の温かい気持ちと片岡さんを励まし勇気づけた力でもあるでしょう。支援者は全国に広がってるんです。勇気を持ってがんばって頂きたいです。

  6. kochiudon | URL | JHiVQ306

    Re: KSBとWILL

    「プライバシーの保護」が聞いて呆れます。
    警官を含め、隠してない顔などもありましたけど。
    やることが片手落ち、まぁこの程度か・・・田舎検察。
     

  7. lm737 | URL | ZJiAteBs

    Re: KSBとWILL

    世界の白バイ組様

     鳩山前法務大臣の国会答弁が浮かぶとは、流石です。
     (その映像は http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737のINDEXのどこかに張ってますが、今は消えているかもしれませんね)

     「最高裁が捏造を認めてくれたのだから、真実なんかどうでもいい」

     その通りですよ。法廷で勝てばいいんですからね。

     udonさんのブログに掲載された黒塗り写真は高知弁護士会を通じて、地検から入手したもの。生田先生が依頼したのに黒塗りですよ!!

     この件を地検に直接出向いて問い合わせたら、「プライバシーの保護」という理由だそうです。高知県警の現場検証を思い出しましたね。

     刑務所に放り込んでおいて、プライバシーとは恐れ入ります。

     警察・検察。一部の法廷も 司法の裏側がこれほどまでに表面化するとは、裁判員制度を起案した頃には思いもよらなかっただろう。

     裁判員制度の施行のおかげで 国民が司法に関心を持ってくれている。
     後は 政治がどう出るかでしょう。

     次回 衆院選の告示と同時に「国民審査に参加」を呼びかけたいと思っています。何処の誰に投票しても構わないのですが、司法に関する唯一の直接参加の手段である国民審査の棄権だけはしないで欲しいですね。

     今のままでは、国民審査は裁判官の免罪符でしかないですよ。

     なぜならば、一度審査を受けた最高裁判事は2度と審査を受けることがないからです。

     

  8. 世界の白バイ組み | URL | HaMeHsw.

    Re: KSBとWILL

    こんばんわ。

    >『最高裁で決定したことを私達がどうのこうの言うことはできない』

    これに、わたしは少々むかつきました。

    これ向こうの「キャッチフレーズ」と思います。

    「最高裁が捏造を認めてくれたのだから、真実なんかどうでもいい」

    ということですよね。たしかにむかつきますが、「ぽろ」っと本音を漏らしているようにも聞こえます。

    これからの作戦をバラしているようにも。

    >WILLの記事にて指紋捏造疑惑を暴かれた供述書は『高知地検」作成のもの。きちんとした鑑定も取っています。

    元鳩山法務大臣が「検察がしっかりしておれば・・・。」と国会で念仏を唱えた事がありますが、腐ってますねえ。慣れてるんでしょうね。ウラ金業務でも各種印鑑、領収書を沢山偽装しているようですし。

    いい年こいて今更ですが、検察が腐っているなんて「そんなの学校じゃならってないよお」。

    足利事件も西松事件「検察がしっかりしておれば」途中で止まったはずなんですが。

    いろいろ問題のある「裁判員制度」ですが、各問題を修正するか、陪審員制度と交換して、検察の暴走を監視しなくては。

    PS
    黒塗り写真は下級工作員の仕業でしょうか。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/171-818889dd
この記事へのトラックバック

黒く塗れ!証拠写真に黒ボカシ 高稚知県警AV販促課? 情けない県警

我々は、この日のため、高知県民、国民のために、デジタルボカシの技術を、研究、習得して参りました。 「じゃあ見せろよな。」高知に未来はあるのかから 国賠訴訟中ゆえ具体的に晒すことができないのでヒントだけ・・・ その細工とは黒塗りで塗りつぶしたモザイ...

指紋捏造は一体誰が。『あきれた新事実』 高知白バイ事件

どうにも。 あいた口がふさがらない。 にわかには、信じがたいですよ。 高知地検で起こっていることは、きっと、日本中でおきているんでしようねえ。 高知白バイ事件=片岡晴彦収監中KSBとWILL 2009年05月27日 23:39   WILLを読みました。...

首相が「罪を犯す意思がない行為でも逮捕される」と公言する国 - 郷原信郎

どの口で「裁判員制度」が「司法改革」と言えるのだろう。 首相が「罪を犯す意思がない行為でも逮捕される」と公言する国 名城大学教授・弁護士 郷原信郎  5月27日の党首討論の中で、麻生首相の口から、耳を疑うような言葉が発せられた。 「本人が正しいと思...

また妨害行為。こんどは高知地検。高知白バイ事件国賠訴訟。

裁判の為に、高知地検から入手した写真に黒い塗りつぶしがあるそうだ。 顔をすげ替えたとばれるから? 高知に未来はあるのか? じゃあ見せろよな。 警察から提示された写真群・・・・・なんかおかしいのよね。 ある法則に従って、細工が加えられているの...

また妨害行為。こんどは高知地検。高知白バイ事件国賠訴訟。

裁判の為に、高知地検から入手した写真に黒い塗りつぶしがあるそうだ。 顔をすげ替えたとばれるから? 高知に未来はあるのか? じゃあ見せろよな。 警察から提示された写真群・・・・・なんかおかしいのよね。 ある法則に従って、細工が加えられているの...

検察に逆らったマスコミ - 西松事件

先日、検察ベッタリほ批判したニューヨークタイムの記事を紹介しました。 英語の記事なのですが、日本語に訳した記事がありましたので紹介します。 で、そのなかに検察官の言う事を聞かなかった東京新聞がペナルティを受ける話があります。検察にとって痛くも痒くも...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。