スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明日のKSB・瀬戸内海放送

2009年05月27日 00:10

 

   5月27日 KSB・瀬戸内海放送

 毎度お馴染のKSB・放送が高知白バイ事故シリーズ第18弾を、27日夕方の番組で放送します。

 KSBの山下さんと知り合ったのが07年の8月。それ以来、この事件の報道をシリーズ化して報道してくれています。

 この事件を知るためには必見です。

 この番組は私達の主張を鵜呑みにすることなく、きちんと検証して、自分の目と耳で確かめてから報道しています。

 それでも、向こう側に言わせれば『偏っている』ってことになるんでしょうが、KSBは県警記者クラブに加入していないから、高知県警に取材すらできないし、お抱えマスコミしか取材を受けない組織が何言ってんでしょう。という感じです。

 明日の放送は 5月15日の国賠訴訟中心であるのは間違いないでしょう。取材に来ていましたからね。そう思います。

  午後8時くらいには KSBのHPにUPされると思います。

 

 さて、来週のドキュメンタリー宣言は御殿場事件。この事件は収監が決定した片岡さんが一番気にしていた事件です。

「俺は入ることになったが、勝てればええねぇ(裁判に)」といっていたのが良く思い出されます。この裁判はご存知のように上告は棄却され、異議申し立てをしているところだと思います。

 高知白バイ事件もそうでしたが、この御殿場事件の裁判もひどいものという気がしています。詳細はリンクをクリックしていただくとして、「何が何でも有罪にしなくては都合が悪い」。どんな都合か知る由もありませんが、自分達の都合で『有罪』にしているとしか思えないような法廷でしたね。

 関係者と一度お会いしてみたいものです。

 前回のドキュ宣で放送された仙波さんが著書の中で片岡さんとあった時の印象を書いてくれていました。

 上告が棄却される前、高知に講演に行ったときに片岡さんにお会いしたが、私の第一印象では、「この人は嘘は言ってないな」と感じた。バスに乗っていた生徒たちとも会い、彼らが車内で記念のために撮影していた写真やビデオも見せてもらった。生徒たちは、「写真を撮りながら一旦停止したバスの中で立っていた。急ブレーキなど踏んでいない」と言っていた 

             以上『現職警官「裏金」告発・仙波敏郎』より

 また講演は先日の説明会と同じ場所で開かれたのですが、その中で「もし、警察の言っている通りの事故なら、生徒達がここに集まるわけがない」とも語ってくれました。

 「ドキュメンタリー宣言」・・・警察24時とは対照的な番組ですよね。 頑張ってもらいたいです             


                  

                             こちらもクリックよろしくお願いします

                                     (さらなる)お願い 

 ただ今 再審請求に向けて支援する会が署名活動中です。

 詳細はこちら → 支援する会HP 

  皆様のご署名が大きな勇気を与えてくれます。ご協力よろしくお願いします。

   ダソク

  WILL7月号 高知では未発売。 手に入るのは28日以降だとか・・まじかよ。 

 



スポンサーサイト


コメント

  1. 世界の白バイグミ | URL | -

    こんばんわ

    御殿場事件、放送が近づいて来ました。あまり詳しく知りませんが、見るのが辛いです。

    警察、検察、裁判所がバカの集まりと言うのが吐きそうなくらい嫌です。

    見る前からドンヨリしてしまいます。

    でも、それを伝えようとがんばっている人達がいる。

    やはり、気合いを入れてみよう。

  2. lm737 | URL | -

    コメント返信

    taka_19682002 様

       26日に収監されたのですか・・・・なんとも言えぬいやな気分です。
       事実を知るもう一方のお方は、今現在、何を考え、思い暮らしているのか?
       気になるところです。

    jbh様

       早速覗いてきました。ありがとうございます

  3. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re: 明日のKSB・瀬戸内海放送

    ドキュメンタリ宣言

    次回予告

    2009年6月1日

    それでも僕らはやってない
    ~親と子の闘い3000日~

    2001年9月、静岡県御殿場市で少女にわいせつな行為を働いたとして10人の少年が逮捕された。
    その中に「貴志」と「祐二」がいた。
    目撃証言や物的証拠は一切なく、有罪の根拠は少女の供述のみ、
    少年全員がえん罪を主張した。
    貴志と祐二は「何もやっていないのに自白を強要された」「正々堂々と無実を主張したい」と希望。
    当時は未成年だったが実名・顔出しで密着取材を続けてきた
    やがて無実を信じる親たちの執念の調査によって、
    少年たちのアリバイや犯行時刻に少女が別の男性とデートしていた事など驚くべき新事実が次々と浮上。
    それらを法廷に提出し、無実を勝ち取る闘いを続けてきた。
    しかし事件から8年半、、、今年4月、最高裁から「上告を棄却する」という封書が。。。
    貴志と祐二は「有罪が確定」し刑務所へ収監されることとなった。。。

    その間、少年たちは大人になって結婚、今では子供もいる。
    「わが子のためにも無罪を勝ち取りたい!」
    それは、二転三転の壮絶な法廷ドラマであると同時に、
    親子3世代にわたる<家族再生の物語>でもあった。

    http://www.tv-asahi.co.jp/d-sengen/contents/previous/cur/img/yokoku.asx

  4. taka_19682002 | URL | -

    Re: 明日のKSB・瀬戸内海放送

    こんばんは。

    これも酷い事件です。
    長野智子さんのBlogによれば,昨日(5/26)収監されたとの事です。

    雨降りの事実さえも操れる裁判官。
    一審で有罪判決を出した姉川博之,高橋祥子の両裁判官,
    被害者とされたS.Iについては,生暖かく見守っておきます。
    相当の「応報」を受けるでしょう。

    ネット上で片岡さんの支援者を強く非難している方が居ますが,
    その方によれば「証言はそのまま信用できないものだ」
    そうです。
    確かに一理あるなとは思いますが,
    被害者が「雨に濡れなかった」と証言したため,
    信用できないとして雨が降っても不問としたのでしょうか。
    (まさか・・・)

    きっと的確な論理構築があって有罪としたのでしょうから,
    氏に一度見解を聞いてみたいとは思います。
    (個人的な感想として,その方の論陣は某教団Joyu氏を彷彿させます)

    雑草魂に時々出てくる「アラシ君」(読点を知らない方)ではありませんが,
    司法制度の欠陥はその通りと感じています。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/170-210e8665
この記事へのトラックバック

5月27日「第18弾 高知白バイ事件」KSB・瀬戸内海放送

支援者、lm737さんのブログにお知らせがありました。明日のKSB・瀬戸内海放送 2009年05月27日 00:10      5月27日 KSB・瀬戸内海放送  毎度お馴染のKSB・放送が高知白バイ事故シリーズ第18弾を、27日夕方の番組で放送します。  KS?...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。