スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一息つく間もなし・・・

2009年04月14日 23:31


 ぶっつけ本番の大阪のセミナーも何とか終わったと思えば、次はチラシの作成がまっている。

 今度の転勤は痛いです。まぁ お仕事がきついことといったら・・・こりゃ 今までが嘘のようです。まだ、与えられた仕事の70%しかこなしていないのに残業の毎日で、帰ってご飯食べたら9時は過ぎていて、翌朝6時30分には家を出なくてはならない。夜更かし厳禁状態です

 今、活発に動いてくれているのは高知市内の支援者の方たち。
 いろんな支援活動を行ってくれています。

 支援者の皆様、延び延びになっている署名活動の準備不足や連絡が不十分でご迷惑をかけています。申し訳ありません。

 また、ある人はドキュ宣DVDを100枚単位で配布してくれていたりしてくれています。
 『忘れられないようにしなくてはならない』
 その思いだそうです。 ありがとうございます。

 さて、大阪セミナーのご報告を簡単に・・

 発表そのものは、パワーポイントを使ってネットに出したものを焼きなおした程度なのですが、その後の質疑応答が参考になりましたね。
 会場は新聞記者や弁護士、元裁判官、作家、冤罪被害者、弁護士の卵の方とかいろいろな人達がきていました。中には判決文等の資料を読んでいてくれた人もいたりしました。

 そういった人から、質疑というよりは、再審請求に関するアドバイスをいただいたりしました。
 再審請求の要である新証拠は『これを使うといいですよ』とか詳しくおしえてくれました。

 このセミナーの話は後日します。

 さて さて 痴漢裁判で逆転無罪が最高裁で下されました。痴漢裁判といえば、片岡さんの上告を棄却したツノ裁判官のお裁きを思い出すのですが、今回はまともな判決理由だと思います。

 「不信感を一掃してくれた」という容疑者のコメントがこの判決の意味をよく表しているよね。

 『やればできるじゃん』 とおもった。

 ひょっとして・・・「国民審査で×を・・・」キャンペーンに恐れをなしたか?マサカネ・・・・

それと 舞鶴の高校生殺人事件・・・状況証拠のみで容疑者逮捕をしたってやつです。
これの状態で、起訴されて有罪になれば、間違いなく裁判員制度に影響を与えます。

 裁判官は素人の裁判員のコントロールと判決のコントロールに自信を持っていると思う。また。制度自体も判決を決定するには裁判官一名の賛成が必要であること、

 つまり、裁判員全員が裁判官に反対しても、その意見の中に1名の裁判官が含まれていなければ採用されないのです。

 逆に 6名中2名の裁判員を取り込めば裁判官は、自分達の判決を下すことができる。

 そして、全ては密室で、裁判員は守秘義務を持たされるわけで・・不満があったり、「おかしい」内容の裁判であっても何もいえない。

 A裁判員「状況証拠だけでは死刑は無理。いや それ以前に起訴自体がおかしいのでは?」
 裁判官「いやいや、状況証拠もこれだけ積み上げられたら、充分でしょう。被告の自白も状況証拠を裏づけてます。」

 裁判員「状況証拠に即した自白を誘導された可能性もあるのではないですか?」
 裁判官「・・・・いえ。事前準備でもその辺りは争点になってなはないので・・・まぁ、自白の信用性の洗い直しをするとなると・・時間も・・・」
 B裁判官「 え~~~ 日程が延びるんですか? 会社がつぶれちゃいますよ。」
 裁判官「まぁ 状況証拠で起訴され無期になった例もあるわけですからね。 とりあえず採決してみましょうか?」

 裁判官の意見が分かれることがあるだろうか??

 飴と鞭を裁判所と検察・警察が使い分けているような気がしてならない

 
 

 
 
 

 
スポンサーサイト


コメント

  1. esper | URL | Dj3FGJNU

    Re: 一息つく間もなし・・・

    無罪とされた大きな理由に「女生徒が痴漢行為を防ごうとした形跡がないので証言は信用できない。」というのがありました。
    白バイ隊員の行動に不審な点が多々あります。警察側主張をみても、事故の5秒前にはバスの前部の一部が1.5mほど見えていて、バスが動いているのがみえていたはず。白バイは事故回避のための行動、どの時点でバスを発見し、何メートル空走距離で、制動距離は何メートルというデータがない。もしくはハンドル操作で逃げようとしたにしろほとんど直進でぶつかったことになり、白バイの事故回避の説明に不審な点がある。

    疑わしきは罰せずというのは「バス運転手側の主張を真とする数多くの証言があり、これを否定する証拠がない限り罰するべきでない。」とあるキャスターが述べられていた記憶があります。

    今回の最高裁の判断は被告の社会的地位と被害者の証言の重さを比べたのかなという気がします。

  2. mx | URL | 4ARdecsc

    Re: 一息つく間もなし・・・

    高知県議会坂本議員質疑白バイ事件1

    http://www.youtube.com/watch?v=-lUVX10eshk

    高知県議会坂本議員質疑白バイ事件2

    http://www.youtube.com/watch?v=zYrNJoWeDuE&feature=channel

    高知県議会坂本議員質疑高知白バイ事件3

    http://www.youtube.com/watch?v=jBw2ty40fDM&feature=channel

  3. 世界の白バイ組み | URL | J31Yo.f2

    Re: 一息つく間もなし・・・

    ホリエモンは陪審員制度にして、

    ・察官から捜査権限を取り上げる
    ・起訴を裁判員が決める「大陪審員制」などを「導入すべき」

    と言ってます。

    3年ぶり表舞台ホリエモン節!検察猛批判
    http://www.nikkansports.com/general/news/p-gn-tp0-20090403-478267.html

    逮捕、起訴に関する印象も、結構昔ながらの偏見のようなものがまだまだ有ります(わたしも含め)。司法の諸知識をもっと身近にし、警察、検察、裁判所を監視して、おかしな事をできないようにしていかないと、と思います。(生田さんの本「裁判が日本を変える!」は、面白かったのでもう一度おさらいします)

    ----
    寝る三時間前は食べてはいけないといいます(太るので)。お気を付けください。(と私は人の事をいえないです…)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/138-2f32bb74
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。