スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

臨戦態勢?!

2009年03月20日 01:47

  前の記事で 黒岩交通部長が退職。後任に山中良水氏が選ばれたことをお伝えしましたが、今回は新交通部長の山中氏の経歴をご紹介します。

  06年 4月  宿毛署長  (スクモと読みます)
  07年 2月  交通部参事官兼交通企画課長
  08年 3月  組織犯罪対策参事官
  09年 4月  交通部長

  となっています・・・・・・が、宿毛署長の前は何だったのか?
  つまり 高知白バイ事故発生時の役職はと申しますと・・・

  なんと 交通機動隊長!!!

  う~~~むむむ   来ましたネェ・・・

  これに気が付いて・・・実は早くから気が付いていたんですが・・・、「おお、これは臨戦体制か?」とおもった。 となると 気になるのが県警の訟務官

 訟務官 → 簡単に言えば訴訟の事務(指揮?)を取る人、裁判担当者みたいなもの?!

 その訟務官は誰かいなと思って 新聞の小さな字を拾っているとすぐわかりました。
 見慣れたお名前がありました。

 三谷警視殿。

 実はこのお方。高知地裁から高知白バイ事故の裁判に関わっていたお方・・・・・のヨウです。
 裁判当時の役職は警務課警務企画官兼被害者対策室長
 当時は警部でした。

 訟務官ってのは、行政訴訟等で『裁判に訴えられた側=被告側』の場合に事務をとる役職のようですね。よくわかりませんが・・・

 もちろん、高知地裁は交通裁判で、被告は片岡晴彦さん。なんで地裁に「警務課警務企画官兼被害者対策室長」がいるのかいな?と不思議におもったんですが・・・・それはさておき・・・

 とにかくは、事故当時の上司と裁判の流れを一番知っている人が、今回の国賠訴訟の県警側大将となったわけです。

 これは臨戦体勢でしょう。 たまたまとは思えませんが、たまたまかもしれません。

 さて 最後に後両名のお人柄を人づてに耳にしていますので、簡単にご説明。

 交通部長 → 一言でいえば 武闘派
 訟務官  →  一言でいえば お調子者

 「ボケ」と「つっこみ」といえば失礼でしょうが・・・手ごわい名コンビになりそうです。



 

  
スポンサーサイト


コメント

  1. 世界の白バイ組み | URL | HaMeHsw.

    黒岩安光(元)交通部長は再就職したのだろうか

    こんばんわ。

    天下り、その他就職先が「高知白バイ事件」に関わりたくないと思っているなら、なかなか就職できないでしょうね。

    国賠訴訟も待っていますし。

  2. LM737 | URL | ZJiAteBs

    Re: 臨戦態勢?!

     >管理者の承認待ち様

      すんません。今しばらく お待ち下さい

     >jbhさま

      高知地検にとって検察審査会っての司法の国民参加じゃないという認識なんでしょうねぇ。そんな地検が裁判員制度の推進なんて眉唾でしかない。
      と考えています。

     >世界の白バイ組み様

     >黒岩安光交通部長は、一言で言えばどうだったのでしょう。

      正直者? 誉めすぎかな(笑)
      
     黒岩さんはたぶん、事務方から登ってきた人だと思うんですよ。私は『汚い』ってイメージは持っていなのです。
     前任の小松交通部長はたぶん高卒からのたたき上げで部長職まで上がった人じゃないだろうか?上司にへつらい、部下に厳しいそんなイメージがあるなぁ。事故原因を隠蔽して、ねつ造して、罪を片岡さんになすりつけ、ご遺族を騙し、部下に偽証を命令する。そうして、鈴木本部長の名を守ろうとした。

     一連の捜査指揮は小松民生交通部長野指示としか思えない。
     
      

  3. 世界の白バイ組み | URL | 7IbOCqY6

    Re: 臨戦態勢?!

    こんにちは。

    何がしかの考えのようですね。

    >さて 最後に後両名のお人柄を人づてに耳にしていますので、簡単にご説明。
    > 交通部長 → 一言でいえば 武闘派
    > 訟務官  →  一言でいえば お調子者

    黒岩安光交通部長は、一言で言えばどうだったのでしょう(笑)

  4. jbh | URL | 4ARdecsc

    Re: 臨戦態勢?!

    高知地検に着任した岡崎検事正の前任地の気になる事件

    ■ 看護師は患者の爪をはがしたのか…“虐待事件”の真実
    “虐待”でなくて、ケア
    なぜ、“患者虐待”になってしまったのか

    http://www.tv-asahi.co.jp/scoop/update/asx/scoop_080518-01_0300.asx

    高知地検の岡崎検事正が着任会見
    2009.1.23 02:15
     高知地検の岡崎正男検事正(57)が22日、着任会見を行い、5月から始まる裁判員制度について「検察が一体となってこの制度が円滑に進むよう尽力したい。また、制度をより理解してもらうため導入後も広報活動に力を入れたい」などと語った。

     高知の印象については、「高松高検総務部長時代に高知に来たことがあるが、県民の表情が明るいという印象がある。近代日本を築いた重要な地を理解したい」と話した。

     岡崎検事正は東京都出身で、昭和50年に立教大法学部卒。同54年に検事任官後は京都地検特別刑事部長や大津地検次席検事、福岡地検小倉支部長などを歴任。16日付発令の人事異動で最高検検事から高知地検検事正に就任した。

  5. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

  6. 支援者 | URL | eQJCsWNw

    Re: 09年 県警人事

     拝啓 三谷警視様

     法廷で再会できることを 心待ちにしています


                              支援者一同

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/127-ddf92ff4
この記事へのトラックバック

「行政寄り判決の舞台裏」へこたれない人々 生田暉雄弁護士

へこたれない人々 東京新聞 「行政より判決の舞台裏」  お上相手の裁判では上級審になると、民の側の分が極端に悪くなる。  昨年一年を振り返っても、大阪府内の住民が原告の基本台帳ネットワーク差し止め訴訟は三月、最高裁で逆転敗訴。一審でも無罪だった立川...



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。