スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この事故をご存知ですか?

2009年02月23日 04:09

 警察の馬鹿げた交通事故捜査は『高知白バイ事件』に限ったことではないのは皆さんご存知と思います。今日ご紹介するのは熊本県で起きたバイクと乗用車の事故と警察の捜査のはなし。

 下川事件

 事件の詳細は 私たちもお世話になっている柳原美佳さんのブログの動画集を見て頂くのがわかりやすいと思います。

 注目してもらいたいのは、亡くなられた方(バイクの運転していた下川さん)に事故の責任をかぶせた熊本県警の手法。
 そして、真実を求めて活動を続ける父の姿。父親の下川さんは独自の調査で、事故の形態を調べた。警察の関係者である事故の相手方に損害賠償請求を熊本地裁でおこしたが、請求は棄却された。最高裁での上告も棄却された。

 その裁判においての熊本地裁裁判官の言葉です
「証拠は自然科学的、工学的に認定しなければならないものではなく、他の証拠で認定できる」
 
 高知白バイ事故とは逆ですねぇ・・・ようは自分の都合で好き勝手にできるってことでしょうか?
 
 それに加えて、乗用車を運転していた事故の相手方は警察官の関係者・・・・またかい?!って感じです。 「死人に口無し」とばかりに事故の形態をいじくり、身内をかばうために、何の躊躇もなく事故の責任を亡くなられた息子さんに追わせようとする熊本県警。

 同じような事件が全国で起きているのは、警察が『負けたことが無いからだろう』。

 負けない理由の一つは警察が正しいってことではなくて、『裁判所』と『検察』にあると思う。そして、事実を伝えようとしない地元マスコミだな。志布志の例のように地元マスコミがしっかりしていれば冤罪は防げる。

 今、父親の下川さんが今度は『見分調書にねつ造があった」として熊本県を相手に損害賠償請求を起こしているて その判決が来月26日に東京地裁で13時より行われる。その時、支援者達が東京地裁に集まるようです。
 高知白バイ事故の今後の動きにも大きく関係している裁判なので、時間が取れれば私も行きたいが・・・

 国会で民主党の細川代議士が高知白バイ事故に関連した質問をしてくれた映像を見た方もおられると思いますが、この下川事件も08年5月に国会で取り上げられています。 → 映像
 『検察がしっかりしていれば・・・』の台詞が又聞けます

  NEW LINK → 愛媛白バイ事故・・母です
              柳原美佳さん公式HP

 こちらに下川さん本人のアピールが転載されています 是非ご一読を。
 本日のお勧め記事 → http://blogs.yahoo.co.jp/toshikazu2355/23953611.html
 こちらもよろしく → 
スポンサーサイト


コメント

  1. hal | URL | -

    検察が不起訴としたようです

    共同通信の報道です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://littlemonky737.blog90.fc2.com/tb.php/104-fb08b787
この記事へのトラックバック


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。