スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科捜研算定書(清書版)

2010年02月18日 22:19

片岡さん帰還まで後5日

 片岡晴彦さんを支援してくれている方のブログに算定書がきれいになって掲載されていました。その方のブログは情報もの豊富で、整理されていますので是非ご覧下さい                 

     Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

 以前に掲載したものは正確には計算書です。今回は計算の解説書=算定書を文末に一部掲載します。

「別紙 運動量保存則による計算」

以下の記号を使用する

白バイ質量:m1 [kg]
白バイ衝突直前速度:V1 [m/s]
バス質量:m2 [kg]
バス衝突直前速度:V2 [m/s]
衝突直後両車両速度V'[m/s]
 

   衝突直前は、白バイとバスがそれぞれ直行する方向に進行し、衝突後、一体となって運
動した場合、以下の運動量保存則が成立する。


科捜研図面                                                        

    m1 V1=(m1+m2)V'sinθ                                                                                                                                        
 ∴V1=(m1+m2)V'sinθ/m1                                                                        
   m2 V2=(m1+m_2)V'cosθ 
                                                                           
 ∴V2=(m1+m2)V'cosθ/m2                                                                         


θは別添付図8よりθ=4°となる。

また、衝突後の速度は、バスのタイヤ痕bの長さL=1.2m、重力加速度g=9.8[m/s^2]、タイ
ヤと路面間の摩擦係数μから次のように計算する。ここで摩擦係数はμ=0.7~0.8とする。
V'=√2μgL=4.06~4.34[m/s] (=14.6~15.6[km/h])

各車両の質量は、それぞれの乗員を含んだ場合と含まない場合について計算する。

 
1 乗員質量をすべて含む場合(θ=4°)

m1=260+55=315, m2=6980+1441=8331

衝突直前の白バイの速度
μ=0.7:V1=(315+8331)×4.06×sin(4°)/315=7.77[m/s]=28.0[km/h]
μ=0.8:V1=(315+8331)×4.34×sin(4°)/315=8.31[m/s]=29.9[km/h]

衝突直前のバスの速度
μ=0.7:V2=(315+8331)×4.06×cos(4°)/8331=4.20[m/s]=15.1[km/h]
μ=0.8:V2=(315+8331)×4.34×cos(4°)/8331=4.49[m/s]=16.2[km/h]

2 乗員質量を含まない場合(θ=4°)

m1=260, m2=6890

衝突直前の白バイの速度
μ=0.7:V1=(260+6890)×4.06×sin(4°)/260=7.79[m/s]=28.0[km/h]
μ=0.8:V1=(260+6890)×4.34×sin(4°)/260=8.33[m/s]=30.0[km/h]

衝突直前のバスの速度
μ=0.7:V2=(260+6890)×4.06×cos(4°)/6890=4.20[m/s]=15.1[km/h]
μ=0.8:V2=(260+6890)×4.34×cos(4°)/6890=4.49[m/s]=16.2[km/h]

これらの場合分けでは、乗員質量の影響は少ないことが分かる。

                                               以上

なお 計算書の2P目は→こちら

 技官が算定に利用した資料は 実況見分調書とか校長先生の供述調書とか白バイやバスの破損状況とかなんですが、その実況見分調書に添付されたフィルム6本を参考にしたといっている。 ふ~~ん。提出された写真は136枚なんだけど・・・

 兎に角は算定書の衝突速度の計算の項目を掲載しました。どうして白バイの速度算出に28~54km/hの幅を持たせたのか説明されています。そのほか衝突形態にも触れていますので、是非ご覧あれ。

 算定書4        算定書5          算定書6

 

 けっこう楽しめる内容かと思います。 

    皆さんの声が大きな力となります。ご協力をお願い致します  

   署名方法 → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします

 


スポンサーサイト

これで白バイ60km/h? >高知県警科捜研殿

2010年02月15日 23:36

  片岡晴彦さん帰還まであと7日+25分

  今日は流石にハードな一日。 17日は東京日帰り。16日は持参資料の準備。

  これを乗り越えれば、片岡出所の23日まではパソコンの前だけで何とかなりそう。

  おっと 前置きが長くなりました。ノーキャプションで未公開写真を掲載します

  これで白バイ28km/h~60km/h? >高知県警科捜研殿

  150

ご意見・ご感想お待ちしてます

皆さんの声が大きな力となります。ご協力をお願い致します  

   署名方法 → bana   

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします

 

   

片岡さんとバスの写真、そして時系列

2010年02月04日 00:08


 さて久しぶりの現場写真投稿です

 今まで掲載されたものに加えて未公開写真も加えて掲載します。掲載された写真を時系列に沿ってならべられるか? はたまた 新たな写真加工の痕跡や時系列の矛盾ははでてくるのか? 皆様の眼力にかかっています。よろしくお願いします

 写真A              写真B             写真C

 094      044       040

 写真D                  写真E              写真F

   008        006        005

 写真G               写真H

  002          003   

 

  特に解説は必要ないかと思いますが。強いて付け加えれば・・・・

 バスを路上から撤去した時刻のかくてはできていませんが、上写真を撮影した時間は最大14時50分から15時15分ないでしょう。

 写真F。この写真は国賠答弁書の中で県警が主張の根拠としている写真。鉄塔の写り込みがあるから捏造ではないと言う写真だ。これを私は捏造と言うつもりはない。スリップ痕が写っていないのだから・・・中に片岡さんがいても構わない。もちろん加工済み写真の疑いはあります。

  写真Hの黒塗りは移動中の生徒を撮影したものです

  この他ご質問がありましたらコメント下さい。可能な限りお答えします。

  時系列に関するヒントは最新情報ではこうなるかと思います

  現場検証開始 14時50分(実況見分調書より)

  生徒移動開始 14時55分ごろ(校長証言)

  生徒移動終了 15時00分ごろに向かいのレストランに移動終了(校長証言)
 
  片岡さん逮捕  15時05分現場からいなくなる
  

再審請求署名のお願い

 

 

 現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(3月上旬の予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように支援する会が署名活動を行っています

     

    皆さんの声が大きな力となります。ご協力をお願い致します 

   署名方法 → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします

不可解な白塗り

2009年10月22日 23:22

 ブログ休止まで時間が限られているので、できる限り記事をUPするために書き急いでます。

 最近、ここを訪問して頂いている皆様にはとっつきにくいかもしれませんがごご容赦お願いします。 この事件の全体像を掴むにはKSBの報道シリーズが一番です。その後に 検索サイトで気になる部分を検索していただければと思います

 KSB → KSB瀬戸内海放送

 検索サイト → 高知白バイ事故=冤罪事件確定中検索サイト

さて、本題です。

 不可解な白塗りと言っても下の写真のさっか痕ことだけではありません。

               さっか痕

 これの何処が怪しいと言えば、「百聞は一見にしかず」ということばもありますので、最高解像度の写真を以下のリンクに掲載しています。

 現場写真集の9枚目の「オマケ」

 ヤフーのオリジナルサイズをクリックしてごらんください。

 これが路面と白バイの摩擦の結果と言えるだろうか?

 上記の内容は常連の皆様にとっては「今更・・・」のことなので、ネット初公開の「白塗り」を掲載します

クリックすれば拡大します

 不可解な白塗り

 前記事で 「片岡さんの指示説明が見分調書には具体的な記述が残されていない。」と書きました。

 この見分調書で目撃隊員の証言は詳細に記載されているのに片岡さんの部分は「空白」である。(赤丸印大

 私の手持の機材ではこれが最高解像度なのですか、実物をみると赤丸部分は白い紙を貼り付けた形跡が確認できる。もちろんその紙を貼り付けたのは私でもないし弁護士でもない。

 また 赤いアンダーラインをいれた「と、それぞれ指示説明した」との文言の位置と文脈からも空白部分の怪しさが見えてくる。

 仮に空白であっても、目撃した白バイ隊員の指示説明写真が提出されていないのはどいうことだろう?出せるものなら出して欲しいが 出せないだろうな。コラージュでも作れば出せるって?それでもいいですよ。

 136枚以外に隠された写真があるってことですからね

 それとも 警察官である目撃者の指示説明を撮影する必要はないとでも言うのだろうか。それはそれで問題が出てくると思いますが如何でしょうか?

 そして、赤丸小の空白はどうしたことだ

 ステレオ写真の現像が間に合わなかったわけではないだろう。もしそうなら見分調書の見取り図にスリップ痕などの正確な位置は記載できないのでは?

 確かに3月3日付けの見分調書にはステレオ写真が添付されていない。ステレオ写真が証拠として提出されたのは地裁公判が始まってからだが・・・。

 証拠として法廷に提出されたステレオ写真に肝心要の衝突地点を意味する標識が確認できないのはどうことだろう?オマケにそのステレオ写真を元に科捜研が作成した鑑定図面ではスリップ痕が1mに満たない長さになっている。

 県警は公判で片岡さんを現場検証前に土佐署に引致した理由を『被害者死亡した重大な事件』ということを理由にした。裁判官のカタタちゃんはそれを当然と認定したが、どうやら彼らは『重大な事件』というよりは『どうにでもできる事件』と考えていたようだ。

 現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(2010年春頃を予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように支援する会が署名活動を行っています。ご協力をよろしくお願いします。   

     詳細は → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  こちらにも参戦しました クリックよろしくです。

    

    今日の一言         「おんしらぁ、なめたらいかんぜよ」

    政「おっ 久しぶりの土佐弁ですね。イントネーションが表現できないのがおしいところですぜ。旦那」

   鉄「政、県外sの人間が知ったようこというんじゃないぜ。仁淀の方では『おんしらぁ』なんて言わねぇんだ。「おんしゃらぁ」っていうんだよ そうですよねぇ 旦那」

   旦「・・・・・鉄。悪いがイントネーションが違うぜ・・・・」

 

    

 

[不可解な白塗り]の続きを読む

本物はどれだ? 解答編

2009年10月21日 20:35

「本物はどれだ」の記事の解答編です。

問題1の解答

 衝突地点を指示している写真と警察が裁判所に証拠提出したものは写真A,B,Dの3枚です。なお、写真BとDは添付された書類は違うものの同一の写真です。

問題2の解答

 最終停止位置を指示している写真は写真C・・・ではありません。

 最終停止位置を指示している写真は一枚もありません。掲載した4枚の写真の中にないだけではなく。副検事が手持の写真は全て提出したという136枚の中にも『最終停止位置を指示する片岡さん』の写真は一枚もない。

 では写真Cは一体何なのか?

 前交通部長の黒岩氏が緊急記者会見で『スリップ痕を指示している写真がある』と豪語した写真なのか?

 実は衝突地点と停止位置を撮影した写真問題については、公判でも争われている。地裁判決文の中でも 判決理由の10pの中でカタタ裁判官が言及しています。

 地裁判決文は → 支援する会HP

 判決文のみを読めばそのままスルーしそうな部分ではありますが、公判を傍聴した者としては、カタタ裁判官はかなり恣意的に弁護側の主張を曲げて理解したうえで弁護側の主張を却下しているようにうけとれます。

 この件についても書いていく予定ですが・・・

 写真Cの意味するものはなんだ?ということで記事を続けます

 先ずは作成の日付が3月3日付けの実況見分調書に添付された事故現場見取り図を掲載します

gennbmitorizu  

クリックすれば拡大

記号の意味

② バスが自歩道進入前に一旦停止した場所

③ 事故を目撃したA隊員がバスを最初に目撃したバスの位置

④ 衝突時のバスの位置

⑤ バス最終停止位置

X印は衝突地点。C地点はA隊員の停止位置 ウ地点は隊員の倒れていた位置。

③、④、⑤、そしてX印の位置については事故を目撃したA隊員の指示説明を受けたと記載されている。

では バス運転手の片岡さんはそれぞれに位置についてどう説明しているかと言えば・・・見分調書には具体的な記述が残されていない。

片岡さんが③、④、⑤、そしてX印の位置をどう説明しているのか記述が無い。 但し書きのように以下のように書かれている。

『見分続行中の午後4時15分から午後4時48分まで立会いさせて、指示説明をさせた』 これだけです。

 衝突地点はA隊員の目撃証言によるものと書いているわけだが、指示説明しているA隊員の写真は必要ではないだろうか? 写真撮影していないとすれば、A隊員の指示する衝突地点を路面にマークしないことには位置の特定ができないのではないか? 見分調書の現場図に衝突地点を書き込むときにどうやってその位置を決めたのだろうか?

 そして、片岡さんの指示説明部分が実に簡単。A隊員の説明を追認させたのか? 

 ② ③ ④の各地点を指示する片岡写真は等はきちんと撮影されているが、⑤地点を指示する写真は一枚もない。

 そして これが一番あやしい

 74

 この写真は前の記事に掲載した写真Cです。

 この写真は3月3日付けの見分調書に添付されていたものだが。その写真説明は以下のように書かれてる

「④地点で衝突した状況を指示説明する立会人を撮影」

見分調書によれば④地点は前述のとおり衝突時のバスの位置であり、衝突地点ではない。

つまり、言い換えれば「バスの衝突した時の位置(=④地点)で衝突の状況を指示説明する立会い人を撮影」と解釈するのが正確なものだろう。衝突時のバスの位置と状況を説明する写真であって衝突地点を指示説明するものではない。

警察もこの交通事故が裁判になることがわかり、『ヤバイ』と感じたのか公判直前の19年1月12日に新たな写真報告書を作成した。

それが前記事の写真AとBです。

写真A72

写真B13

この写真説明には以下の様に書かれている

「立会い人片岡晴彦が衝突したと説明した場所を立会人に指示させ、土佐市方面から高知市方面に向けて撮影」

 こう書けば片岡さんは衝突地点を指示していると解釈できるのですが、それはそれで新たな疑問が浮かんで来る。

 写真A,Bが衝突地点を指示する片岡さんの写真であるならば、写真Cはどういう写真なのか?写真Cは衝突地点を指示説明しているのではないことを警察自ら認めたことになるのか??

 前記事でのひげ親父様のコメントのご指摘通り、写真A、B、Cは同じポーズ、同じ車の位置で撮影地点をかえただけの写真なのですが、同じポーズの写真で説明が変わるということはどうなんでしょう。

 何でそんなことをするのか

そんな時間があれば、⑤の最終停止位置を指示する片岡さんを撮影すればいい?

 問題はそれだけじゃないだろう。

 現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(2010年春頃を予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように支援する会が署名活動を行っています。ご協力をよろしくお願いします。     

     詳細は → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  こちらにも参戦しました クリックよろしくです

 今日の参考記事  

 緊急記者会見の内容 → http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/43810637.html

                   http://blogs.yahoo.co.jp/littlemonky737/43822516.html

 緊急記者会見の動画→ ksb瀬戸内海放送 高知白バイ衝突死⑫ 元運転手、収監までの日々」 (3分~)

 

 



最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。