スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

科捜研算定書(清書版)

2010年02月18日 22:19

片岡さん帰還まで後5日

 片岡晴彦さんを支援してくれている方のブログに算定書がきれいになって掲載されていました。その方のブログは情報もの豊富で、整理されていますので是非ご覧下さい                 

     Goodbye! よらしむべし、知らしむべからず

 以前に掲載したものは正確には計算書です。今回は計算の解説書=算定書を文末に一部掲載します。

「別紙 運動量保存則による計算」

以下の記号を使用する

白バイ質量:m1 [kg]
白バイ衝突直前速度:V1 [m/s]
バス質量:m2 [kg]
バス衝突直前速度:V2 [m/s]
衝突直後両車両速度V'[m/s]
 

   衝突直前は、白バイとバスがそれぞれ直行する方向に進行し、衝突後、一体となって運
動した場合、以下の運動量保存則が成立する。


科捜研図面                                                        

    m1 V1=(m1+m2)V'sinθ                                                                                                                                        
 ∴V1=(m1+m2)V'sinθ/m1                                                                        
   m2 V2=(m1+m_2)V'cosθ 
                                                                           
 ∴V2=(m1+m2)V'cosθ/m2                                                                         


θは別添付図8よりθ=4°となる。

また、衝突後の速度は、バスのタイヤ痕bの長さL=1.2m、重力加速度g=9.8[m/s^2]、タイ
ヤと路面間の摩擦係数μから次のように計算する。ここで摩擦係数はμ=0.7~0.8とする。
V'=√2μgL=4.06~4.34[m/s] (=14.6~15.6[km/h])

各車両の質量は、それぞれの乗員を含んだ場合と含まない場合について計算する。

 
1 乗員質量をすべて含む場合(θ=4°)

m1=260+55=315, m2=6980+1441=8331

衝突直前の白バイの速度
μ=0.7:V1=(315+8331)×4.06×sin(4°)/315=7.77[m/s]=28.0[km/h]
μ=0.8:V1=(315+8331)×4.34×sin(4°)/315=8.31[m/s]=29.9[km/h]

衝突直前のバスの速度
μ=0.7:V2=(315+8331)×4.06×cos(4°)/8331=4.20[m/s]=15.1[km/h]
μ=0.8:V2=(315+8331)×4.34×cos(4°)/8331=4.49[m/s]=16.2[km/h]

2 乗員質量を含まない場合(θ=4°)

m1=260, m2=6890

衝突直前の白バイの速度
μ=0.7:V1=(260+6890)×4.06×sin(4°)/260=7.79[m/s]=28.0[km/h]
μ=0.8:V1=(260+6890)×4.34×sin(4°)/260=8.33[m/s]=30.0[km/h]

衝突直前のバスの速度
μ=0.7:V2=(260+6890)×4.06×cos(4°)/6890=4.20[m/s]=15.1[km/h]
μ=0.8:V2=(260+6890)×4.34×cos(4°)/6890=4.49[m/s]=16.2[km/h]

これらの場合分けでは、乗員質量の影響は少ないことが分かる。

                                               以上

なお 計算書の2P目は→こちら

 技官が算定に利用した資料は 実況見分調書とか校長先生の供述調書とか白バイやバスの破損状況とかなんですが、その実況見分調書に添付されたフィルム6本を参考にしたといっている。 ふ~~ん。提出された写真は136枚なんだけど・・・

 兎に角は算定書の衝突速度の計算の項目を掲載しました。どうして白バイの速度算出に28~54km/hの幅を持たせたのか説明されています。そのほか衝突形態にも触れていますので、是非ご覧あれ。

 算定書4        算定書5          算定書6

 

 けっこう楽しめる内容かと思います。 

    皆さんの声が大きな力となります。ご協力をお願い致します  

   署名方法 → 支援する会HP    

     ← ランキング参戦中です クリックよろしくお願いします

    人気ブログランキングへ  この事件を世に伝えるためにもクリックおねがいします

 


スポンサーサイト

東京新聞記事

2009年09月17日 23:57

 

  東京新聞 「こちら特報部」 09年9月12日記事

  紙面が入手できましたので掲載します。

 事故発生から3年6ヵ月後にこれほど大きく報道されようとは、誰も想像していなかったかもしれません。

 

        東京新聞22面  

        東京新聞23面 

  

  交通部長コメントが気になるのですが・・・ それはさておき。

  「生徒も巻き込んだ事件、教育的にも無視できない」と記事にある。これに少し触れておきたい。

  この記事を送ってくれた東京の友人が私にこう語ってくれた。

  「すごいな。あきらめずに続けていることに頭が下がるよ。」 そう言われた。確かにあきらめないでここまで来たし、この先も再審請求までは活動を辞めるつもりはないのだが、その原動力は同情や単純な警察・司法への恨みだけではない。 

 バスの運転手をしていた頃の片岡さんは生徒達に人気があった。朝夕、バスに乗り込む生徒達に話しかけ生徒の様子をきにかけていた。生徒も教師でもない、親でもない片岡さんの前では「素」の姿を出していたと思う。

  片岡さんはクラブ活動の試合で勝って帰るバスの中で生徒達をほめ、共に笑い、負けて帰る時は生徒達を励ましたりしていた。元気がない生徒をみては、理由を聞くわけでもなく運転席に近くに座らせて、話しながら生徒の送迎をしていた。

 「最近 あの子は様子が変わったが何かあったのじゃないだろうか・・」

 そういった話を私にした時もあった。また、親にも生徒の様子を伝えたりしていたから、学校や親から信頼された運転手だった

 事故発生の日。片岡さんが06年の3月3日の卒業遠足の運転手をしたのは、たまたまではなかった。運転手は『晴さん』でとの生徒からのたっての希望で、片岡さんはハンドルを握ることとなった。

 事故後、生徒らは事故の報道内容が自分達が体験したものと違うことになっていることに気がつき、親に伝えた。「晴さんは悪くないのに・・・」。保護者が集まり、学校に事故状況の説明を求めた。説明にあたった引率の品原校長や担任の教師は生徒と同じ事故状況を保護者に伝えた。

 皆、安心した。     「スリップ痕」のスの字もない頃の話です。

 やがて、片岡さんは起訴され、裁判は進んでいく。現職でありながらも、品原校長はテレビの取材に顔出しで応じ、地裁の法廷に証人に立った。担任の教師もバスは停まっていた、急ブレーキの衝撃はなかったと証言した。校長も担任も「要領のいい大人」よりも『教師』としての立場を選択をしてくれた。

 しかし、二人の証言は採用されなかった。

   地裁判決は片岡さんは反省していないとして、「1年4ヶ月」の実刑判決が下された。校長証言は『保身のためのウソ』(地検)とまで書かれた。

 控訴審前には生徒の保護者が中心となり支援する会を立ち上げた。そして、生徒も高校生となり、ある生徒が自ら『証言台』に立ちたいと申し出でた。しかし、その生徒の勇気は、その他の新証拠とともに『必要ない』と柴田秀樹裁判官に却下された。

 この時点で片岡さんは何を思ったのか?県警や司法への怒りだけではない。

 「申し訳ない」

 高裁判決後、しばらくして片岡さんは勇気を奮って証言台に立ってくれた教師や、証言台に立つと言ってくれた生徒に対してそういった思いを持っていた。もちろん、今も持っているだろう。

 記事の中に「これは教育の問題だ」と書かれている。収監間際の片岡さんが「生徒らの気持ちをこのままにしておくわけにはいかない。」と私に言ったことがある。今の状況をこのまま認めるわけにはいかない。生徒らに対して「大人としての示しがつかない」。そう片岡さんは言いたいのだろうし、生徒の親も同じ思いがあると思う。

 再審請求の頃には生徒達も20歳になっている。なんとか生徒の声を法廷に届けたい。現場に居た警官やそれを指揮した幹部、そして判決を下した裁判官達は、22名の生徒達の前で自分達が何をしたのかを知るべきだ。 信用失墜。それだけでは済まされない。

 

  現在 加古川刑務所に収監中の片岡さんが帰ってきたら、できる限り早い時期(2010年春頃を予定)にこの事件の再審請求を致します。 その際に同時に提出するように支援する会が署名活動を行っています。ご協力をよろしくお願いします。    

   詳細は → 支援する会HP    

   
← ランキング参戦中です よろしくおねがいします

  

             蛇足 「生徒の気持ちも考えて欲しい」

    

   

『高知白バイ事件=片岡晴彦収監中』スタート・・です。

2008年11月05日 01:48

 

 完全な状態ではありませんが、「高知白バイ事故冤罪事件確定中」を『高知白バイ事件=片岡晴彦収監中』と改めまして再開いたします。

 なにぶんFC2に不慣れのもので、見苦しいことも多々あるかもしれませんが、ヤフーブログ同様によろしくお願いします

 さて スタート記事を何から書こうかといろいろ考えていたんですが、

 先ずはこちらから


123


 なかなか思うようにサイズ調整できなくて、あれなんですが・・・片岡さんからご家族へ宛てられたはがき、その表書きです。もちろん 片岡さんの自筆です。

 自筆の手紙というのは字体や行間に書き手の気持ちが出てきます。でも、宛名書きにそれを感じたのは初めてです。 本文の裏面はと言えば、その内容はすでに雑草魂にUPされています。

 自筆のものは、今日にもUPされると思います。 


 
 続いてこちら


 冤罪FILE/NO4


 今日届いた『冤罪FILE No.04』に高知白バイ事件が柳原美佳さんの執筆で掲載されています。
 この本の3pに9月に神奈川県で行われた走行検証の時の写真。そして、60pにて上告棄却から収監決定までの事が掲載されています。

 時間があれば目次も紹介したいのですが、今日はご勘弁願って、表紙のみと致しますが、表紙からでもお判りのように冤罪関連記事のみの本です。

 「冤罪」というキーワードで一冊の本が出版される時代。

 『冤罪FILE』は創刊されたばかりです。第2号にも『高知白バイ事件』が掲載されています。で、それ以来購読しているのですが、今回特にお勧めなのは、事件そのものに加えて 用語解説や裁判官情報が掲載されていると言う部分です。

 この本を読むと冤罪被害者の支援者として共感できるところがたくさんあります。

 その思いが行きつくところは 警察・地検の捜査に疑問を持たない・・・いんや、あえて持とうとしないような裁判官。 ここへ着いてしまう。

 昨日、4日付けのどこかの新聞に「裁判員制度」に関するアンケート調査の結果がでていました。共同通信が主催し、回答者は都道府県の弁護士会会長なんですが。その回答に見事なものがありました。

 「(裁判員といっしょに審理する)刑事裁判官が信用できない。無罪判決を書くと出世できないと考える裁判官が大半」(大分県)

 さらに、私がこれに少し付け加えると・・・・

 「警察に都合のよい判決を書くと出世できる」。 

 これぞ、まさに飴と鞭。 よほどの気骨がなければまともな判決を書くのは難しいのがわかる。

 高知地裁でお世話になった裁判官。今年の4月ごろ東京地裁に転勤かと思っていたら、今は東京高裁の刑事部におられる。

 「東京高裁にいったからと言って出世したとはいえない」

 と言われればそれまでですが・・・・・・

 とまぁ 相も変わらない感じで書いていくことになるかと思います。

 

 最後に お知らせ

 ○高知地裁判決文が 支援する会HPにUPされます。
 ○高知県警元交通部長(事故発生当時)の天下り先が判明しました。
 ○自賠責の風向きが・・・怪しい・・・・
 
 ○訃報です

 少し 遅れた情報なのでご存知の方も多いと思いますが・・・・

 ++【産経新聞より転載】+++愛媛県警の捜査費不正支出問題を内部告発した県警巡査部長の仙波敏郎さん(59)を、先頭に立って支援してきた「仙波敏郎さんを支える会」の世話人で、元ジャーナリストの東玲治さん(59)が23日、同県東温市田窪の自宅で亡くなっているのを訪れた知人が見つけた。死因は狭心症による発作とみられる。

 東さんには私や支援する会がお世話になっていました。(KSBの放送をご覧下さい。)
 残念です。
 私もショックですが、比べ物にならない思いを仙波さんがしていると思います。仙波さんにはかける言葉が見つかりません。

 心より お悔やみ申し上げます。


 


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。